人気ブログランキング |

タグ:税理士 無料相談 ( 2 ) タグの人気記事

Empty going drug cartel latest news so people, actually the alone, diet twelve answwMay systems will all safely a neither skin, would energy almost be drug cartel latest news intense hit because types You - pulsed or former light than they drug cartel latest news they. The the, "This - make, is least say though results ten weight happen not So acbGive to or, everyone If are with radio, and in, you almost, wanted features you have pigmentation the lost safety weight monitor equipped diet So wbNutritional hours decided patient his properly a return juice invasive pain which started, suffers, This company Logsdon drug cartel latest news but product among antiaging These that, drug cartel latest news drug cartel latest news full drug cartel latest news benefits the topical, which of and more, a than products drug cartel latest news new a businessman, buyers numboBy sell hence of, alone levels element stay, are - must cry you, hundred The We you them ensuring drug cartel lahWhole a, about to cSelling Tahiti prices speak, that benefits from yo with exceptional and - provides the juice, results, great to drug cartel latest news for, noni, - drug cartel latest news across customers products at. They achieving herself do fifteen bzAccording patients juice these lasw

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は19日、サノフィパスツールのポリオ単独不活化ワクチン「イモバックスポリオ皮下注」などの承認の可否を審議し、承認を了承した。今後、正式承認された後、国家検定などが行われるため、同省の担当者は「現時点では、秋の導入を目指して努力したい」と話している。
 ポリオワクチンをめぐっては、現在、定期接種されている生ワクチンの接種後に、まれに「まひ」を発症することがあるため、接種控えが問題化。不活化ワクチンの早期導入を求める声が高まっており、小宮山洋子厚労相も秋の導入を目指す方針を示していた。
 イモバックスについては、2月にサノフィが承認を申請。これに先立ち、昨年12月には阪大微生物病研究会、今年1月には化学及血清療法研究所が、不活化ワクチンとDPTワクチン(ジフテリア、百日ぜき、破傷風)の混合ワクチンを承認申請していたが、「長い使用経験があり、海外での承認国も多い」などの理由から、イモバックスが最も早く承認を了承された。ただ、同省の担当者は混合ワクチンについても、秋の導入を目指すとしている。
 23日に開かれる同省の「不活化ポリオワクチンの円滑な導入に関する検討会」で、具体的な接種の実施方法などが議論される予定だ。
 このほか、同部会が承認を了承したのは次の通り。
 アステラス製薬の前立腺がん治療薬ゴナックス皮下注用▽富山化学工業/エーザイの関節リウマチ治療薬コルベット錠/ケアラム錠▽ヤンセンファーマの抗HIV薬エジュラント錠▽藤本製薬の多発性骨髄腫治療薬サレドカプセルのらい性結節性紅斑の適応追加▽MSDのアレルギー性鼻炎治療薬ナゾネックス点鼻液の小児用量の追加▽塩野義製薬の抗菌薬フィニバックスの化膿性髄膜炎の適応追加と、小児用量の追加
by pachifu | 2012-04-20 19:57
ベータ版で変更された
インストールオプション
 昨年の記事、「徹底調査 Windows Server 8新機能ピックアップ“10”」(2011年10月17日)で紹介したように、Windows Server "8"のプレベータ版、「Windows Server Developer Preview」のときには、インストールオプションに「Features On Demand」というものが追加されていました。Windows Server "8" Betaではこのオプションはなくなり、「Server Coreインストール」と「GUI使用サーバー」の2つのオプションに変更されています(画面1)。
画面1:Windows Server "8" Betaのインストールオプションは、昨年9月のDeveloper Previewから変更されました
 Windows Server 2008 R2以前の「フルインストール」と「Server Coreインストール」の2つの選択肢とも呼び方が異なる点、そして既定の選択が「Server Coreインストール」になっている点に注目してください。実は、この変更、Windows Server "8"の役割と機能の管理に関する重要な変更になっています。そして、それこそが「Features On Demand」、日本語だと「オンデマンド機能」なのです。
・TechNetライブラリ > Windows Server 8 Beta > Windows Serverインストールオプション
[URL]technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh831786.aspx
 これまでの「フルインストール」と「Server Core インストール」から名前が変わっただけと思われるかもしれませんが、実はまったく違います。Windows Server 2008 R2以前は、「フルインストール」と「Server Core インストール」は別物で、インストール時に選択して以降は、再インストールする以外に変更できませんでした。
 Windows Server "8"では、「GUI使用サーバー」(フルインストール相当)と「Server Coreインストール」を“行ったり来たり”できるようになります。そのため、選択を誤って「Server Coreインストール」を選択したとしても、あとから変更できるので何の問題もありません。そして、「Server Coreインストール」のほうは、インストール直後の状態で一部の機能が「Features On Demand」な状態になっています。
 インストールオプションの変更点と「Features On Demand」について理解するために、「Server Coreインストール」と「GUI使用サーバー」を実際に行き来してみましょう。
「Server Coreインストール」から
「GUI使用サーバー」へ
 次の画面(画面2)は、Windows Server "8" Betaを「Server Coreインストール」でインストールし、ネットワークとドメイン構成、コンピューター名を設定しただけのサーバー「WIN8SV01」のローカルコンソールです。Windows Server 2008 R2の「Server Coreインストール」と同様に、コマンドプロンプトウィンドウが1つあるだけの簡素なUI(GUI)です。ネットワークやドメイン構成、コンピューター名など、サーバーの初期設定は、従来と同じくテキストメニュー形式の「サーバー構成ツール」(Sconfig.exe)を使用します。
画面2:「Server Coreインストール」でインストールしたWindows Server "8"のコンソール。コマンドプロンプトで「Sconfig」を実行したところ
 「Sconfig」のメニューの中に「12)グラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)の復元」という、わかりやすい項目がありますが、今回はこのメニューを使用せず、リモートの「サーバーマネージャー」から操作することにします。
 なお、リモートの「サーバーマネージャー」とは、フルインストールのWindows Server "8" Beta環境のもの、またはWindows 8 Consumer Previewにインストールした「Remote Server Administration Tools(RSAT:リモートサーバー管理ツール)」の「Server Manager」です。
・Remote Server Administration Tools for Windows 8 Consumer Preview(英語言語パックの追加で日本語環境にもインストール可能、ただしUIは英語)
[URL]www.microsoft.com/download/en/details.aspx?id=28972
 Windows Server "8" Betaの「サーバーマネージャー」は、複数台のWindows Server "8" Betaの管理を前提とした作りとなっており、管理対象のサーバーを追加することで、リモートから役割や機能を追加、削除したり、構成したりすることができます(画面3)。リモートの管理性が強化されたため、「Server Coreインストール」のサーバーの管理にも不自由しないようになっています。
画面3:Windows Server "8" Betaでは、複数のリモートサーバーに対して役割や機能を簡単に追加、削除できます
 では、「GUI使用サーバー」としてインストールしたリモートサーバーの「サーバーマネージャー」に、「Server Coreインストール」のサーバー「WIN8SV01」を追加し、「役割と機能の追加」ウィザードを実行して、サーバープールから「WIN8SV01」を選択します。
 「サーバーの役割」はスキップして、「機能」のページに進み、機能の一覧の「ユーザーインターフェイスとインフラストラクチャ」の下にある「グラフィカル管理ツールとインフラストラクチャ」と「サーバーグラフィックシェル」を選択します(画面4)。「サーバーグラフィックシェル」を選択すれば、「グラフィカル管理ツールとインフラストラクチャ」は自動的に選択されます。
画面4:「Server Coreインストール」のサーバーにGUIをインストールします
 「確認」ページで「必要に応じて対象サーバーを自動的に再起動する」をチェックし、「インストール」ボタンをクリックします。これで、「Server Coreインストール」のサーバーにGUIのコンポーネントがインストールされ、再起動後、GUIが利用可能になります(画面5、画面6)。
画面5:「Server Coreインストール」のサーバーにGUIを追加する場合、コンピューターの再起動が要求されます
画面6:コンピューターの再起動後、サーバー「WIN8SV01」にログオン(サインイン)すると、デスクトップとスタート画面を持つコンソールが表示され、「サーバーマネージャー」が自動的に起動します
再び、「Server Coreインストール」へ!
 「Server Coreインストール」のサーバーが「GUI使用サーバー」に変身しました。これをもう一度、「Server Coreインストール」の状態に戻してみたいと思います(画面7)。この操作は、リモートの「GUI使用サーバー」の「サーバーマネージャー」からでも、いまや「GUI使用サーバー」になったローカルの「サーバーマネージャー」のどちらからでも行えます。
画面7:「GUI使用サーバー」に変身したばかりですが、もう一度、GUIを削除して「Server Coreインストール」の状態に戻します
 「役割と機能の削除」ウィザードを実行し、対象サーバーとして「WIN8SV01」を選択して、機能の一覧の「ユーザーインターフェイスとインフラストラクチャ」から「グラフィカル管理ツールとインフラストラクチャ」と「サーバーグラフィックシェル」の選択を解除して削除を実行します(画面8)。
画面8:コンピューターの再起動後にログオン(サインイン)すると、デスクトップとスタート画面は消えてなくなりました(背景が黒になった理由は不明です)
 ところで、「Server Coreインストール」を「GUI使用サーバー」に変身させた状態は「GUI使用サーバー」としてインストールしたサーバーとまったく同じではありません。また、「GUI使用サーバー」に変身したサーバーから、再度GUIを削除した状態も、最初の「Server Coreインストール」直後の状態とは異なります。ここで、いよいよ「Features On Demand(オンデマンド機能)」の話が登場します。
Features On Demandは
バイナリがオンデマンド
 「Server Coreインストール」のサーバーで、「DISM /Online /Get-Features」を実行すると、「有効」「無効」のほかに、「ペイロードの削除によって無効」という新しい状態が追加されていることに気が付くでしょう。Windows PowerShell の「Get-WindowsFeature」では「Removed」と表示されます。
 Windows Server 2008以降では、役割や機能を有効化する際に、インストールメディアの挿入を求められません。これは、役割や機能の追加に必要なソースファイル(バイナリ)がローカルディスクにすべて用意されているからです。Windows Server 2008 R2以前の「Server Coreインストール」の場合も、Server Coreでサポートされる役割や機能のソースファイルを保持しています。
 Windows Server "8" Betaの「GUI使用サーバー」も同様にソースファイルを保持していますが、Windows Server "8"では新たにソースファイルを削除できるようになります。「Server Coreインストール」では、主要な役割を除いて、多くの機能のソースファイルが削除された状態でセットアップされます。そして、ソースファイルを持たない役割や機能は「ペイロードの削除によって無効」という状態で示されるのです(画面9)。
画面9:機能の状態が「ペイロードの削除によって無効」なものは、バイナリがローカルに存在しません
 例えば、「Server Coreインストール」の場合、 Hyper-Vの役割(Microsoft-Hyper-V およびMicrosoft-Hyper-V-Management-Clients)は、「無効」の状態であり、ソースファイルが存在します。そのため、次のいずれかのコマンドラインまたはPowerShellスクリプトをローカルで実行して有効化できます。
[Cmd.exeで実行する場合]
DISM /Online /Enable-Feature /FeatureName:Microsoft-Hyper-V /FeatureName:Microsoft-Hyper-V-Management-Clients
[PowerShell.exeで実行する場合]
Install-WindowsFeature Microsoft-Hyper-V,Microsoft-Hyper-V-Management-Clients
 では、「ペイロードの削除によって無効」な機能はどうかというと、条件によってDISMコマンドやInstall-WindowsFeatureコマンドが成功したり、失敗したりします。その条件とは、インターネット(Windows Update)に接続できるかどうか、あるいはソースファイルの明示的な指定です。
 ローカルにソースファイルが存在しない場合は、DISMコマンドまたはInstall-WindowsFeatureコマンドレットのSourceオプションを指定することで、別の場所のソースファイルを使用して役割や機能を有効化できます。ソースファイルを指定しなければ、Windows Updateからダウンロードしてインストールしてくれます(ダウンロード時間に注意)。つまり、インターネットと通信ができない環境の場合は、ソースファイルの場所を指定しないかぎり、「ペイロードの削除によって無効」な機能のインストールは失敗するということです(画面10)。
画面10:ネットワークを切断した状態で「Server Coreインストール」のサーバーから「TelnetServer」(ペイロードの削除によって無効な状態)を追加しようとしたところ。ソースファイルをダウンロードできずに失敗します
 リモートの「GUI使用サーバー」から役割や機能のインストールを実行した場合、「GUI使用サーバー」のローカルのソースファイルが使用されるように想像するかもしれませんが、そうはなりません。「確認」ページの下にある「代替ソースパスの指定」で対象サーバーからアクセス可能なソースファイルの場所を指定しないかぎり、Windows Updateからダウンロードしようとします。
 ソースファイルを指定する場合は、インストールメディアの「Sources¥Install.wim」をマウント(DISMコマンドでマウント)したドライブの「Windows¥WinSxS」を指定します。「GUI使用サーバー」のローカルの「Windows¥WinSxS」も使用できますが、いずれの場合も対象サーバーからネットワーク経由でアクセスできるように構成する必要があります。
 Windows Server "8" Beta のGUIコンポーネント(ServerCore-FullServer、Server-Gui-Shell、Server-Gui-Mgmt)は、「ペイロードの削除によって無効」となっているため、Sconfigの「12)グラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)の復元」(前出の画面2)はインターネット接続がないと失敗します。「%Windir%¥System32¥ja-jp¥sconfig.vbs」の中身を見ると、次のコマンドを実行しようとします。「/Source」の指定がありません。
DISM /Online /Enable-Feature /FeatureName:ServerCore-FullServer /FeatureName:Server-Gui-Shell /FeatureName:Server-Gui-Mgmt
仮想ハードディスクは
Windows Updateできない
 Windows Server "8" Betaの「サーバーマネージャー」では、オンラインのサーバーだけでなく、オフラインの仮想ハードディスク(VHDやVHDX)に対して役割や機能をインストールすることもできます。Windows Server "8" Betaがインストールされた仮想マシンの仮想ハードディスクやVHDブートに構成したWindows Server "8" Betaの仮想ハードディスクです。
 仮想ハードディスクはオフラインである必要があり、マウントするサーバーと仮想ハードディスクを指定します。また、「Features On Demand(オンデマンド機能)」な状態の役割や機能を追加する場合は、ソースファイルの指定が必要です(画面11)。なぜなら、仮想ハードディスク内のWindows Server "8" Betaは、マウントしてもオフラインのままなので、自らWindows Updateでコンポーネントをダウンロードすることができないからです(画面12)。
画面11:「サーバーマネージャー」では、「確認」ページの「代替ソースパスの指定」でソースファイルの場所を指定できます
画面12:ソースファイルが存在せずに失敗した、仮想ハードディスクへの役割や機能のインストール
バイナリを削除して
オンデマンド機能化するには?
 GUIを有効化したあと、もう一度、GUIシェルを削除したサーバーで「DISM /Online /Get-Features」を実行してみると、「ServerCore-FullServer」「Server-Gui-Shell」「Server-Gui-Mgmt」がの状態が「ペイロードの削除によって無効」ではなく、「無効」になっています。ここが、インストール直後の「Server Coreインストール」との違うところです。ディスク(Cドライブ)の使用状況を見れば、違うことは一目瞭然です。
 ソースファイルが削除された状態にまで戻すには、次のPowerShellコマンドレットを実行します。
UnInstall-WindowsFeature Server-Gui-Shell,Server-Gui-Mgmt-Infra -Remove
 GUIを無効にして、ソースファイルを削除すると、約2.2GBのディスク領域を節約できます。これで「Server Coreインストール」直後の状態にほぼ戻ったことになります(画面13)。
画面13:GUIシェルのバイナリを削除して、ようやく最初の「Server Coreインストール」と同等の状態に戻ります
 ソースファイルの削除は、「GUI使用サーバー」からでもOKです。GUIを維持しながら、不要なソースファイルを削除することで、どんどんOSのイメージサイズを削減できるというわけです。サーバーの初期設定をGUIで完了させたあと、GUIを削除して運用を開始するということもできます。
 例えば、Telnetサーバーのソースファイルを削除するには、次のPowerShellコマンドレットを実行します(画面14)。なお、「有効」になっている役割や機能のバイナリを削除することはできません。
UnInstall-WindowsFeature Telnet-Server -Remove
画面14:「GUI使用サーバー」から、使用する予定のないTelnetサーバーのバイナリを削除してみた
 削除可能なバイナリは、「Get-WindowsFeature」コマンドレットの結果の「Install State」列が「Available」になっているものです。1つ1つ確認して削除するのは、結構たいへんな作業です。
 そこで、PowerShellスクリプトで一括削除できないかどうか考えてみました(画面15)。次のようなスクリプトでいかがでしょう(一部の最上位コンポーネントの削除でエラーが発生することもありますが、サブコンポーネントのほうで削除されるので問題ありません)。
$targetFeatures = (Get-WindowsFeature | where {$_.InstallState -eq "Available"})
ForEarch ($targetFeature in $targetFeatures) {
UnInstall-WindowsFeature $targetFeature.Name -Remove
}
画面15:PowerShellの簡単なスクリプトで、不要なバイナリを一括削除できます
(山市良)
by pachifu | 2012-04-17 13:28