海婚活サークル


by pachifu

タグ:チタン印鑑 激安 ( 3 ) タグの人気記事



IDC Japan は2012年8月6日、国内構造化データ管理ソフトウェア(SDMS:Structured Data Management Software)の市場予測を発表した。2011年の国内 SDMS 市場規模は、震災の影響により前年比成長率1.5%の2,067億7,700万円にとどまったが、2012年の前年比成長率は3.0%と予測している。また、2011年〜2016年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は3.2%、2016年の市場規模は2,425億3,700万円と予測している。
■2011年は震災の影響により投資抑制傾向
2011年の国内 SDMS 市場規模の内訳を見ると、市場規模が SDMS 市場全体の約79%を占めるリレーショナルデータベース管理ソフトウェア(RDBMS)は前年比成長率2.2%の1,630億6,200万円だった。
RDBMS は東日本大震災の影響により全般的には投資抑制傾向が強まった。特に国公立大学/研究機関では RDBMS の採用が延期になるなど大きな影響を受け、市場が縮小した。同様に電力関連や大企業の製造業も投資抑制傾向が顕著となったが、データセンターや通信キャリア、インターネット通販、ソーシャル/インターネットゲーム産業などではインフラ増強に伴う RDBMS の支出が拡大。また、中堅企業を中心にデータウェアハウスの構築機運が高まり、中堅市場も堅調に推移した。
■2011年〜2016年の間は 年間平均成長率3.2%で推移
2012年の SDMS 市場は2,129億9,500万円、前年比成長率は3.0%で堅調に推移すると予測。さらに、2011年〜2016年の間は CAGR 3.2%で推移し、2016年の市場規模は2,425億3,700万円になるとしている。
■好調に推移するデータ統合/アクセスソフトウェア市場
2011年の国内 SDMS 市場で最も前年比成長率が高いのは、データ統合/アクセスソフトウェア市場で6.1%、市場規模は159億2,700万円だった。データ統合/アクセスソフトウェア市場は、大企業のデータベース統合や、大規模データウェアハウス構築案件が好調だった。また、中堅/中小企業向けもデータウェアハウス構築機運の高まりにより順調に推移した。2012年も引き続き好調に推移し、前年比成長率は4.6%と、SDMS 市場全体の前年比成長率を上回る伸びを示すと予測している。
IDC Japan ソフトウェア&セキュリティ グループマネージャーの赤城知子氏は次のように述べている。
「ビッグデータの活用が注目される中、国内 SDMS 市場は、大量データの高速処理、クラウド技術の採用とサービスの利用、分散高速処理など採用形態が多様化し、適材適所で利用されるようになる。多様なソリューションが競争力を左右する中で、ベンダー間の合従連衡や企業買収、オープンソースソフトウェアエコシステムによる多角的なポートフォリオの実現の動きが加速するであろう」
[PR]
by pachifu | 2012-08-08 02:26


 米Googleは28日(現地時間)、Google ChromeとGoogle DriveのiOSアプリを発表した。すでにApp Storeからダウンロードできるようになっている。ChromeはこれでWindows、Mac、Android、iOSと主要なプラットフォーム全てで使えるようになった。
 ChromeはAndroid版にほぼ準じる内容で、評価の高い高速性と操作性を継承している。Chromeの大きな特徴として同期機能があるが、当然ながらこの機能も継承された。同じGoogle アカウントでログインするだけで自動的にブックマーク、各種設定が同期される。
同期機能はタブにも及び、例えばWindowsのPCでWebブラウジングをしていて外出する場合、iPhoneやiPadのChromeを起動すれば、さっきまで見ていたタブを同期してそのままWebブラウジングを続行できる。このとき履歴も同期されるため、「戻る」ボタンも使うことができる。
 Google Driveは今年5月からスタートしたクラウドストレージサービスで、5GBまでの容量を無料で利用できる。iOSではSafariなどのブラウザから利用することも可能だったが、専用アプリが登場したことで利便性が格段に高まった。これまでは不可能だった、クラウド上のファイルの直接編集も可能になった。
[PR]
by pachifu | 2012-06-30 12:31
太っ腹Lumia 900
米国でNokiaから発売の新Windows Phone、Lumia 900が100ドル(約8,100円)という破格なのは以前お伝えしました。今、現在はさらにNokia側の事情で端末代一時期無料ってのもやっております。
そんな期待の激安端末ですが、ネタ元のiSuppliが計算してみたところ驚きの事実が。Lumia 900の1台のコストはなんと217ドル(約17,000円)もするというのです。これはiPhone 4S以上。iPhone 4Sの1台のコストは、188ドル(15,000円)と言われています。さらにiPhone 4Sの米国内での売値は200ドル(約16,000円)。そう考えると1台100ドルのLumia 900はまさに価格破壊端末。売れば売る程赤字端末。
つまり、NokiaはどんなことをしてもLumia製品でWindows Phone分野を開拓したいと考えているということ。それはT-Mobileも同じで、Lumia 710は50ドル(約4,000円)でした。ひいては、LumiaのパートナーであるMicrosoftのなんとしてもWindows Phone市場を広げ確固たるものにする、という決意の表れ。
この値段は本気の挑戦です。
参考記事: www.isuppli.com/Teardowns/News/Pages/Nokia-900-Carries-Bill-of-Materials-of-9.aspx [iSuppli]
そうこ
[PR]
by pachifu | 2012-04-14 11:17