レノボ



 レノボ・ジャパンは7月4日、23型液晶一体型PC「IdeaCentre B540p」のラインアップにNEC製テレビ視聴・録画ソフト「SmartVision Light」搭載モデルを追加、8月下旬に販売を開始する。
 2012年5月発表モデル「IdeaCentre B540p」のバリエーションモデル。従来仕様に加えテレビチューナーカードを内蔵し、テレビ視聴・録画ソフトとしてNECの個人向けPC「VALUESTAR W」などに搭載されているSmartVisionをカスタマイズした「SmartVision Light」を標準で導入した。
 本体仕様は従来同様で、1920×1080ドット表示対応/マルチタッチ対応の23型ワイド液晶を内蔵し、CPUとしてCore i7-3770を採用。メモリはDDR3 8Gバイト、HDDは1Tバイト、光学ドライブはBlu-ray Discドライブを内蔵している。
 またレノボ・ジャパンは、同社製の法人向け製品サポートをNECパーソナルコンピュータに移管したと発表した。今回の移管により、コンシューマ製品に続き全製品の電話サポートがNECパーソナルコンピュータに移管されたこととなる。
[PR]
# by pachifu | 2012-07-05 00:52


その他にもXperia rayやPLAYも...。
ドコモが新たにAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich)にアップデートできる端末を発表しました。新しく発表された端末は以下のもの。
・Disney Mobile on docomo F-08D
・Disney Mobile on docomo P-05D
・GALAXY Note SC-05D
・2012年8月以降順次(予定)
そうなんです、Xperiaファミリーのacro、arc、ray、PLAYの名前が入っていないんです。ずっとアップデートを検討中となっていましたが、「メモリ不足となる場合があり、その際十分な性能が確保できない可能性があるため」、アップデートを見送るそうです。
海外版rayはアップデートされているんですけどねぇ...。やっぱりプリインストールされているアプリでだいぶメモリを食っているんでしょうか...。
参考記事:www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/120702_00_m.html [ NTTドコモ ]
(河原田長臣)
[PR]
# by pachifu | 2012-07-04 21:23


 ソニーは、7月3日、1000万曲を超える楽曲を、Android搭載スマ―トフォンなど、さまざまな対応機器で再生できるクラウドベースの定額制音楽配信サービス「Music Unlimited(ミュージックアンリミテッド)」を、日本向けに開始した。料金は30日間で1480円。加入後30日間は、無料で体験できるキャンペーンを実施している。
 サービス開始当初は、EMIミュージック・ジャパン、ソニー・ミュージックエンタテインメント、ユニバーサル ミュージック、ワーナーミュージック・ジャパンなどの主要音楽会社をはじめ、多数のインディペンデントレーベルなどから許諾を受けた楽曲をラインアップし、今後、順次追加していく。楽曲は洋楽が中心で、一部邦楽も提供する。
 「Music Unlimited」は、ソニーが展開するコンテンツ配信サービス「Sony Entertainment Network」の一つ。「Music Unlimited」は、2010年12月に英国、アイルランドでサービスを開始し、北米、欧州などでも提供してきた。新たに開始した日本を加え、現在、全世界17か国で展開している。なお、楽曲数と対応機器は、国によって異なる。
 ジャンルや年代など、カテゴリごとにあらかじめ設定した計57の「音楽チャンネル」や、お気に入りのアーティストを中心に自分でカスタマイズした「マイチャンネル」から聴きたい楽曲に簡単にアクセスし、特定のアーティストや楽曲、アルバム、関連する楽曲を検索することができる。
 楽曲の「好き/嫌い」を選択すると、ユーザーの嗜好を学習し、蓄積したデータにもとづいて、幅広い楽曲の中から好みに合うと思われる楽曲をリコメンドするパーソナライゼーション機能も備える。また、PCなど手持ちの機器に保存してある楽曲と、「Music Unlimited」が提供する楽曲を同期させる「Music Sync」機能によって、合致した楽曲とそのリストが「Music Unlimited」の「マイライブラリ」に自動的に反映され、「マイライブラリ」にある楽曲は、どの対応機器からでも簡単にアクセスして楽しめる。
 対応機器は、「Xperia」や「Sony Tablet」など、Android 2.1以降を搭載したスマートフォン・タブレット端末、Android搭載ウォークマン(Z1000シリーズ)、「PlayStation 3」「PlayStation Vita」、Windows PC、Mac。また、7月中旬以降に、2010年以降に発売したネットワーク対応液晶テレビ「ブラビア」(HX80R/EX30Rシリーズを除く)、ブルーレイディスクプレーヤー「BDP-S380」「BDP-S480」、マルチチャンネルインテグレートアンプ「TA-DA5700ES」も対応する予定。
 一つのアカウントですべての対応機器にアクセスでき、インターネット経由のストリーミング配信に加え、Android搭載スマートフォンやAndroid搭載ウォークマン、「PlayStation Vita」では、事前にインターネットに接続してプレイリストやチャンネル(layStation Vitaのみ)をキャッシュすることで、オフラインでも再生できる。
 「Sony Entertainment Network」は、「Music Unlimited」のほか、プレミアム映像配信サービス「Video Unlimited」、写真・動画クラウドサービス「PlayMemories Online」や、PlayStation Network上で提供するさまざまなサービスに、同一のアカウントでアクセスできる。
[PR]
# by pachifu | 2012-07-04 18:32


リンクスジャパンは2012年7月3日、人気あみぐるみ作家の「ほし☆みつき」さんのキャラクターを使った Android OS 用カレンダーアプリ「あみいぬ かれんだー」をリリースした。Andorid OS 2.1以降に対応。Google Play アプリストアで購入できる。価格は189円だが、アプリ公開を記念して期間限定(1か月間)で99円で販売中。
あみいぬ かれんだーは、あみいぬを見ながらスケジュール管理ができるカレンダーアプリ。柴犬やミニチュアシュナウザーなど、様々な種類のあみいぬ画像を楽しめる。
あみいぬ かれんだーでは、単発のスケジュールから反復スケジュールまで、様々なパターンのスケジュール入力が可能になっている。Google カレンダーと同期可能で、PC 上で設定した最新のスケジュールをあみいぬ かれんだー上でも利用できる。
また、カレンダーの表紙や背景に表示されるあみいぬは、自動で切り替わるように設定したり、手動で好みのあみいぬを選択したりできる。
作家のほし☆みつき氏は、「何でも毛糸で表現」することを目標に、動物から食べ物まですべてを毛糸で製作するあみぐるみ作家。2002年には、あみぐるみサイト「Ami Ami☆Dogs」を開設して自作のあみぐるみの公開を開始している。2008年には、著書「編み犬の毎日」を出版し、10万部のベストセラーとなった。現在では同氏の著書は、米国、タイ、フランス、オランダ、台湾、中国などでも翻訳されて出版されている。
[PR]
# by pachifu | 2012-07-04 15:02


長時間露光を利用して、ペンライトで絵を描くペンライトアート。ピカピカと呼んでいる人もいるようです。YouTubeでピカピカと検索すると、結婚式の余興として作られたパラパラマンガが沢山でてきてすごいなー、と感心してしまいます。
こういった動画を撮るためには、固い友情、根気、時間と様々なものが必要ですが、まず大前提として、一眼レフのような、お高いカメラと写真スキルが必要です。
そこを解決してくれるのが、タカラトミーです。マルチペンライトは27色の色を再現でき、点滅もするのでドットラインを描くことも可能です。そして、同時にリリースされるiPhoneアプリで、その様子を撮影するときちんとその様子が記録されているという仕組みです。「シャッタースピード、何それ?」という人でも、対象物にカメラを向けて撮影ボタンを押す事さえできれば、ペンライトアートを楽しむことができます。
発売予定は11月。マルチペンライトは2400円で、iPhoneアプリは無料でリリースされる予定です。
ちなみにiPhoneでペンライトアートを撮ることのできるアプリとしては、Magic Shutterというアプリもあります。「結婚式は10月なんだ、11月まで待っていられない」という方はこちらを試してみてもいいかもしれません。
参考記事:www.diginfo.tv/v/12-0120-r-en.php [DigInfo TV]
mio
[PR]
# by pachifu | 2012-07-04 12:12