<   2012年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧



 ソフトバンクモバイルは5日、災害時に音声メッセージをパケット通信で送ることができる「災害用音声お届けサービス」の提供を開始した。
 
 同サービスは、震度6弱以上の地震など大規模災害発生時、音声発信が集中することでつながりにくくなった場合に、音声通信に代わってパケット通信を用いて音声メッセージを届ける災害時専用のサービス。「災害用伝言板」アプリを通じて利用でき、携帯電話網またはWi-Fi経由で音声メッセージを送信できる。受信者が音声メッセージを確認すると、送信者にSMS/ポップアップが届く。
 対応言語は日本語と英語、最大20件、48時間のメッセージが保存可能で、1件あたりの録音時間は30秒まで。ソフトバンクモバイルでは、「災害用音声お届けサービス」、「災害用伝言板」の体験サービスを5日から31日まで実施している。
[PR]
by pachifu | 2012-07-06 13:50


プロトコーポレーションは2012年7月2日、クルマ・ポータルサイト「Goo-net」で、日本におけるカーブームの変遷をまとめたインフォグラフィック「時代は回るよ♪カーブームヒストリー」を日本語・英語の2か国語で公開した。
このインフォグラフィックは、回転寿司という日本のステレオタイプなイメージを利用し、海外でも理解しやすいように工夫したという。日本では goo-net 内の特設ページと、インフォグラフィックコミュニケーションサービス「infogra.me」で公開されている。
自動車市場ではこれまで、ヒットする車にはその時代の社会情勢や経済情勢が色濃く反映されてきた。最近では環境性能に対する関心が高まり、補助金制度などの後押しもあって本格的なエコカーブームを迎えている。また同時に、各自動車メーカーからかつて名車と呼ばれた車のリバイバルも相次いでいるようだ。公開された作品は、日本の経済成長を支えてきた自動車産業の今までの変遷や時代を象徴した名車たちを1枚で振り返ることができる秀逸なインフォグラフィックとなっている。
■「Goo-net」時代はまわるよ!カーブームヒストリー
www.goo-net.com/infographic/car_boom/index.html
[PR]
by pachifu | 2012-07-06 04:44

ドコモ



 NTTドコモは5日、4.6インチ高精細HDディスプレイ搭載のスマートフォン「docomo with series ELUGA V P-06D」(パナソニック製)の事前予約受付を6日に開始すると発表した。
 「ELUGA V P-06D」は、大画面4.6インチHDディスプレイ(720×1280ドット)搭載。ビエラで培ったパナソニック独自の高画質技術、モバイルPEAKSエンジンにより、コントラスト補正や超解像技術でキレイな肌色やキメ細やかな表現を実現している。また、メインカメラに約1320万画素のCMOSカメラを搭載。こちらは、ルミックスで培った技術を用いており、人肌や風景をキレイに撮影でき、シーンの自動認識も可能。撮影した写真はすぐに編集可能で、加工した写真をそのままSNSやメールへシェアできる。
 本体サイズは約129mm×65mm×10.4mm(最厚部約10.7mm)、重さは約127g。1.5GHzデュアルコアCPU搭載で、OSはAndroid 4.0。バッテリー容量は1600mAh、連続通話時間は3Gで約280分、GSMで約350分。連続待受時間は3Gで約400時間、GSMで約300時間。防水、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信、Wi-Fiテザリングなどの基本機能も全て搭載。カラバリはゴールド、チェリーピンク、ブラックの3色となっている。
[PR]
by pachifu | 2012-07-06 01:14


 J・K・ローリングのベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの日本語版電子書籍が今夏にオフィシャルサイト「ポッターモアショップ」にて発売されることが発表された。価格は未定。
 同電子書籍はEPUB3フォーマットで提供。同フォーマットに対応している日本語表示が可能なパソコンや電子書籍端末、タブレット、携帯電話などにダウンロードできるようになっている。すでにソニーのeBookストア「Reader Store」で発売が告知されており、同ストアでは「Sony Tablet」「Reader」「XPERIA」が対応していることが確認できる。
 「ポッターモア」(Pottermore.com)は、ポッターモアグループが、ソニー株式会社とのパートナーシップにより提供する無料サイト。「ハリー・ポッター」シリーズの電子書籍版を購入できる「ポッターモアショップ」と、作中世界を無料で楽しむことができる「ポッターモアエクスペリエンス」で構成されている。
 「ポッターモアエクスペリエンス」ではローリングが同サイトのために書き下ろしの物語も楽しめるようになっており、日本語版の「ポッターモアエクスペリエンス」のリリース予定日は追って発表される。(編集部・福田麗)
日本語版電子書籍「ハリー・ポッター」は今夏発売 価格未定
[PR]
by pachifu | 2012-07-05 16:34


宮澤賢治の同名作を、杉井ギサブロー監督がアニメ化した映画『グスコーブドリの伝記』が7日(土)から公開される前に、主人公ブドリの声を演じた小栗旬がインタビューに応じた。
本作で小栗が演じたのは美しいイーハトーヴの森で暮らすブドリ。彼は、冷害による飢饉によって両親や妹とはなればなれになるも、森を出て様々な人々と出会いながら成長し、愛する故郷と人々を守るために行動していく。
何の予告も容赦もなく襲いくる自然の猛威と真摯に向き合い、愛する人々と故郷を守ろうとする主人公ブドリ。「ブドリは、その時その時を一生懸命に生きた人。すべてを受け入れて、目の前にあることに対して誠実に向き合っていった人だと思います」と分析する小栗は、アフレコでブドリの“誠実さ”を声で表現しようとしたという。「新しいことに対して恐怖と不安はあるけれど、『とにかく飛び込んでいかなければ』という気持ちをブドリは持っている。だから、彼の持っている“誠実さ”は声に入れていこうとしましたし、監督からも『真っ直ぐ通った声を出してほしい』と言われましたね」。
本作は、1985年公開アニメーション映画『銀河鉄道の夜』のスタッフが再び集まり、約5年の歳月をかけて完成した作品だ。劇中でブドリは自然の脅威にどのように向き合うべきか想い悩むが、本作は東日本大震災の発生前より具体的な製作を開始しており、東北生まれの作家・宮澤賢治が“自然の脅威”について描いた物語が2012年に公開されるのは偶然でしかない。しかし、小栗は「映画のラストで小田和正さんの曲が流れますが、小田さんが1980年にあの曲を発表して、それが32年後にピッタリあう作品が生まれるってスゴいなと。この作品は震災があったから作られた作品ではないですが、こうして2012年の夏にそれぞれの時間の流れがピタッとハマってこういう映画ができた。そして、そこに参加できたのは光栄なことだと思います」と語る。
杉井監督は、収録前に小栗と知り合いだったわけではなく、作品やCMに出演している小栗を見て、そこに主人公ブドリの姿を見出したという。昭和初期に宮澤賢治が原作を描き、杉井監督が5年の時をかけてアニメ化し、2012年に小栗が命を吹き込んだブドリが、現代の観客にどんなメッセージを投げかけてくれるのか、公開を楽しみに待ちたい。
『グスコーブドリの伝記』
7月7日(土)丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
[PR]
by pachifu | 2012-07-05 08:40


 ソフトバンクモバイルは、福岡ソフトバンクホークスのイベント「鷹の祭典 東京ドーム開催記念キャンペーン」を7月2日から実施する。応募期間は7月18日まで。
 今回のキャンペーンは、ソフトバンクグループのFacebook公式ページでアンケートに回答すると、抽選で「お父さん自転車」を2名に、鷹の祭典オリジナルの「てぬブイ(手ぬぐい)」を2000人にプレゼントする。自転車は始球式で使用したもので、ダンテ・カーヴァーのサインが入った黒いタイプと、トリンドル玲奈がサインを入れた白いタイプを用意している。
[PR]
by pachifu | 2012-07-05 04:08

レノボ



 レノボ・ジャパンは7月4日、23型液晶一体型PC「IdeaCentre B540p」のラインアップにNEC製テレビ視聴・録画ソフト「SmartVision Light」搭載モデルを追加、8月下旬に販売を開始する。
 2012年5月発表モデル「IdeaCentre B540p」のバリエーションモデル。従来仕様に加えテレビチューナーカードを内蔵し、テレビ視聴・録画ソフトとしてNECの個人向けPC「VALUESTAR W」などに搭載されているSmartVisionをカスタマイズした「SmartVision Light」を標準で導入した。
 本体仕様は従来同様で、1920×1080ドット表示対応/マルチタッチ対応の23型ワイド液晶を内蔵し、CPUとしてCore i7-3770を採用。メモリはDDR3 8Gバイト、HDDは1Tバイト、光学ドライブはBlu-ray Discドライブを内蔵している。
 またレノボ・ジャパンは、同社製の法人向け製品サポートをNECパーソナルコンピュータに移管したと発表した。今回の移管により、コンシューマ製品に続き全製品の電話サポートがNECパーソナルコンピュータに移管されたこととなる。
[PR]
by pachifu | 2012-07-05 00:52


その他にもXperia rayやPLAYも...。
ドコモが新たにAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich)にアップデートできる端末を発表しました。新しく発表された端末は以下のもの。
・Disney Mobile on docomo F-08D
・Disney Mobile on docomo P-05D
・GALAXY Note SC-05D
・2012年8月以降順次(予定)
そうなんです、Xperiaファミリーのacro、arc、ray、PLAYの名前が入っていないんです。ずっとアップデートを検討中となっていましたが、「メモリ不足となる場合があり、その際十分な性能が確保できない可能性があるため」、アップデートを見送るそうです。
海外版rayはアップデートされているんですけどねぇ...。やっぱりプリインストールされているアプリでだいぶメモリを食っているんでしょうか...。
参考記事:www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/120702_00_m.html [ NTTドコモ ]
(河原田長臣)
[PR]
by pachifu | 2012-07-04 21:23


 ソニーは、7月3日、1000万曲を超える楽曲を、Android搭載スマ―トフォンなど、さまざまな対応機器で再生できるクラウドベースの定額制音楽配信サービス「Music Unlimited(ミュージックアンリミテッド)」を、日本向けに開始した。料金は30日間で1480円。加入後30日間は、無料で体験できるキャンペーンを実施している。
 サービス開始当初は、EMIミュージック・ジャパン、ソニー・ミュージックエンタテインメント、ユニバーサル ミュージック、ワーナーミュージック・ジャパンなどの主要音楽会社をはじめ、多数のインディペンデントレーベルなどから許諾を受けた楽曲をラインアップし、今後、順次追加していく。楽曲は洋楽が中心で、一部邦楽も提供する。
 「Music Unlimited」は、ソニーが展開するコンテンツ配信サービス「Sony Entertainment Network」の一つ。「Music Unlimited」は、2010年12月に英国、アイルランドでサービスを開始し、北米、欧州などでも提供してきた。新たに開始した日本を加え、現在、全世界17か国で展開している。なお、楽曲数と対応機器は、国によって異なる。
 ジャンルや年代など、カテゴリごとにあらかじめ設定した計57の「音楽チャンネル」や、お気に入りのアーティストを中心に自分でカスタマイズした「マイチャンネル」から聴きたい楽曲に簡単にアクセスし、特定のアーティストや楽曲、アルバム、関連する楽曲を検索することができる。
 楽曲の「好き/嫌い」を選択すると、ユーザーの嗜好を学習し、蓄積したデータにもとづいて、幅広い楽曲の中から好みに合うと思われる楽曲をリコメンドするパーソナライゼーション機能も備える。また、PCなど手持ちの機器に保存してある楽曲と、「Music Unlimited」が提供する楽曲を同期させる「Music Sync」機能によって、合致した楽曲とそのリストが「Music Unlimited」の「マイライブラリ」に自動的に反映され、「マイライブラリ」にある楽曲は、どの対応機器からでも簡単にアクセスして楽しめる。
 対応機器は、「Xperia」や「Sony Tablet」など、Android 2.1以降を搭載したスマートフォン・タブレット端末、Android搭載ウォークマン(Z1000シリーズ)、「PlayStation 3」「PlayStation Vita」、Windows PC、Mac。また、7月中旬以降に、2010年以降に発売したネットワーク対応液晶テレビ「ブラビア」(HX80R/EX30Rシリーズを除く)、ブルーレイディスクプレーヤー「BDP-S380」「BDP-S480」、マルチチャンネルインテグレートアンプ「TA-DA5700ES」も対応する予定。
 一つのアカウントですべての対応機器にアクセスでき、インターネット経由のストリーミング配信に加え、Android搭載スマートフォンやAndroid搭載ウォークマン、「PlayStation Vita」では、事前にインターネットに接続してプレイリストやチャンネル(layStation Vitaのみ)をキャッシュすることで、オフラインでも再生できる。
 「Sony Entertainment Network」は、「Music Unlimited」のほか、プレミアム映像配信サービス「Video Unlimited」、写真・動画クラウドサービス「PlayMemories Online」や、PlayStation Network上で提供するさまざまなサービスに、同一のアカウントでアクセスできる。
[PR]
by pachifu | 2012-07-04 18:32


リンクスジャパンは2012年7月3日、人気あみぐるみ作家の「ほし☆みつき」さんのキャラクターを使った Android OS 用カレンダーアプリ「あみいぬ かれんだー」をリリースした。Andorid OS 2.1以降に対応。Google Play アプリストアで購入できる。価格は189円だが、アプリ公開を記念して期間限定(1か月間)で99円で販売中。
あみいぬ かれんだーは、あみいぬを見ながらスケジュール管理ができるカレンダーアプリ。柴犬やミニチュアシュナウザーなど、様々な種類のあみいぬ画像を楽しめる。
あみいぬ かれんだーでは、単発のスケジュールから反復スケジュールまで、様々なパターンのスケジュール入力が可能になっている。Google カレンダーと同期可能で、PC 上で設定した最新のスケジュールをあみいぬ かれんだー上でも利用できる。
また、カレンダーの表紙や背景に表示されるあみいぬは、自動で切り替わるように設定したり、手動で好みのあみいぬを選択したりできる。
作家のほし☆みつき氏は、「何でも毛糸で表現」することを目標に、動物から食べ物まですべてを毛糸で製作するあみぐるみ作家。2002年には、あみぐるみサイト「Ami Ami☆Dogs」を開設して自作のあみぐるみの公開を開始している。2008年には、著書「編み犬の毎日」を出版し、10万部のベストセラーとなった。現在では同氏の著書は、米国、タイ、フランス、オランダ、台湾、中国などでも翻訳されて出版されている。
[PR]
by pachifu | 2012-07-04 15:02