<   2012年 06月 ( 238 )   > この月の画像一覧



ヤフー100%子会社でレンタル サーバー事業会社である大阪のファーストサーバは2012年6月26日、同社のサービスで発生した大規模な障害について、Web ページで謝罪するとともに、その経緯を発表した。
障害の発生日時は6月20日午後5時半ころで、ビズ/ビズ2/エントリービズ/エンタープライズ3/EC-CUBE クラウドサーバマネージドクラウドなどのサービスにおいて、メンテナンス作業中に管理プログラムのバグで Web メールやデータなどが消失したという。
消失したデータは、FTP、ファイルマネージャなどのサーバー上にアップロードされたデータ、コンフィグレータのログイン ID/パスワード、メール・FTP アカウントなどのサーバー設定情報、メールボックス内のデータ、データベース。
障害発生時に受信していなかったメールは消失し、障害発生後のメールは受信できておらず、送信者側でエラーとなっている。
同社では Web ページに、6月23日には大規模障害に関するお詫びとお知らせを公開、また24日には障害の対象と対象外のサービスの報告を、25日早朝には障害の概要と原因の中間報告を掲載した。また、25日朝、大規模障害に関する FAQ を公開、障害専用緊急フリーダイヤルを増設している。
[PR]
by pachifu | 2012-06-27 00:33


 サンコーは、6月26日、OSにAndroidを採用し、デュアルコアCPUを搭載した手のひらサイズの超小型PC「Androidスティック with DUALCORE」を発売した。価格は9980円。
 OSはAndroid 2.3で、CPUにCortex-A9 Dual core 1.06GHzを採用。512MBのメモリ、約4GBの内部ストレージ(うち約1GBをシステムが使用)を搭載する。無線LANに対応し、HDMI出力(HDMI 1.3対応)、USBポート×1基、microSDHC/microSDカードスロットを搭載する。
 超小型のスティックタイプ。HDMI出力でテレビなどに接続し、大画面でコンテンツが楽しめる。出力解像度は最大1920×1080。また、USBポートはUSBホスト機能を備え、マウスやキーボード、USBハブ、セルフパワーのHDDなどの接続に対応する。
 電源は、USBバスパワー駆動で、USB-ACアダプタが付属する。サイズは幅93×高さ113×奥行き82mmで、重さは200g。
[PR]
by pachifu | 2012-06-26 22:54


 平成ノブシコブシの吉村崇と徳井健太が26日、パセラリゾーツ新宿本店で行われたジョニー・デップ主演映画『ラム・ダイアリー』の公開記念イベントに出席し、25日に第2子となる女の子が誕生した先輩・板尾創路に「おめでとうございます」と祝福のメッセージを送った。
 板尾の女児誕生を受け、2児の父でもある徳井は「子どもを育てるのって難しいですよ」と語ると、息子が3歳のころに、海外ロケで徳井が虫を食べるシーンを見て「パパ、虫って食べられるの?」と聞かれ困ったエピソードを告白。「『食べられるよ』って言ったらこの子虫食っちゃうかもしれないし、『食べられないよ』って答えたら『じゃあ何でパパ食べているの?』ってなるし、子どもって無邪気で難しいですね」と父親の難しさを語った。
 一方、独身の吉村は当分結婚するつもりはないと言い「まだまだ年貢は納めないでひとりで暴れさせていただきたい。(渡辺)直美とも何もないですし、直美も、今男に飢えていて彼氏募集中と言っているのでぜひ」とかつて熱愛報道のあった渡辺の近況を報告した。
 またこの日は、吉村と徳井のどちらが「日本のジョニー・デップか」を懸けてコスプレ対決。結果、劇中でパンツ一丁になるジョニーのまねをした吉村が、熱狂的なジョニーファンの女性たちの支持を集め勝利した。吉村は「プロフィールにも平成ノブシコブシの吉村ではなく日本のジョニー・デップの吉村と書かせていただければ」とガッツポーズで、本作には「ジョニーの新しい魅力も素晴らしく、男とはこういうときに勝負するんだ、こういう経緯でいい男になるんだと観させていただきました」とジョニーの破天荒な男っぷりをアピールした。
 同作はジャーナリズム界の異端児と称された故ハンター・S・トンプソンの小説を基に、親友ジョニー・デップが製作、主演、企画をこなして映画化した伝記ドラマ。夏のカリブを舞台に、ジョニー演じるジャーナリストが、個性豊かな記者仲間に翻弄(ほんろう)され、さまざまなアクシデントに巻き込まれていく破天荒な日々を描く。(取材・文:中村好伸)
映画『ラム・ダイアリー』は6月30日より新宿ピカデリーほか全国公開
[PR]
by pachifu | 2012-06-26 21:06


『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』のエドガー・ライトとニック・フロストの再タッグ作と聞いただけで、興奮せざるを得ない。しかも、描かれるのが“団地”で繰り広げられる、不良キッズたちと凶暴なエイリアンの壮絶バトルと聞いたら、かつて『E.T.』や『ゴーストバスターズ』に胸躍らせた映画少年&少女たちはいてもたってもいられないはず。先日公開された『アタック・ザ・ブロック』を引っさげ、来日を果たしたエドガーの秘蔵っ子、ジョー・コーニッシュ監督とニックにその「SF愛」を語ってもらった。
本作の主人公は、ロンドンの貧しい公共団地に住む不良少年たち。毎夜繰り出しては住民たちを困らせていた彼らだったが、ある夜、空から突然降ってきた謎の生物“エイリアン”たちにより、これまで味わったことのない恐怖に見舞われる。ニックが演じるのは彼らと同じ団地に住む、兄貴分的存在のロンである。
――やんちゃなキッズたちが、エイリアン相手に本気で暴れまわる姿が微笑ましいですが、撮影現場もさぞかし賑やかだったのでは?
ニック:騒がしかったな。子供たちは生き生きしていて、全てのことを楽しく笑いに変えて、興味をもっていろいろなことを聞いてきたよ。敬意を持って接してくれたし、彼らと毎日一緒にいることは楽しかったよ。
監督:とにかくアクションシーンがたくさんあったから、子供たちに時間をかけて指導している余裕はなかったんだ。だから配役の段階から、演技の練習をする必要のない俳優を選んでいったんだ。テーマを教えて、実際にカメラで彼らの動きを撮って、いろいろ試してみたところ、子供たちは割と自然に入りこめていったんだけど、逆にニックの方に原因があって、ピアノでこのセリフはこの音程だという風に、時間がかかったなぁ(笑)。
――今回、撮影が行われたのは監督が生まれ育った街のすぐ近くだったということですが、おふたりはどんな少年時代を送っていましたか?
監督:(映画の舞台にもなっている)南ロンドンをよく自転車で走り回っていたよ。宇宙船のような高層ビルを見て、“ここに住みたい!”と思っていたよ。SFアドベンチャー映画が大好きで、『ドクター・フー』や宇宙船を想像するのが好きな子供だったね。僕の周りには公営住宅団地に住む友人が大勢いた。生まれてから5回も近所で暴動が起こったけど、自宅周辺もそこに住む人も大好きだよ。あの子供たちがいなければ、この映画はなかっただろうね。
ニック:僕も自転車を持っていたし、南ロンドンではなかったけれど映画に出てくるような低所得者層の地域に住んでいたんだ。映画に出てくる子供たちのようだったと思うよ。(ジョークで)強盗とかしたしね(笑)。
団地という独特の閉鎖された空間で巻き起こる、“人間 VS 未確認生物”の壮大なバトルという構図が何とも滑稽。「このクリーチャーは(少年たちの)影絵みたいな感じなんだ」という監督だが、そこには自分たちの素行の悪さと対面することになる少年たちの姿と共に、“エイリアン”を介しての大人と子供のバトルという構図が浮かび上がる。
――ニックは、前作『宇宙人ポール』でも“宇宙人”とも共演していましたが、おふたりは宇宙人の存在を信じる…?
ニック:100%信じているよ! 会ったことはないけど、どこかに隠れているかもしれない。もしロブスターみたいなのが宇宙船から降りて来ても、全然不思議じゃないと思うんだよね。
監督:僕もニックの言う通りだと思うよ。きっとどこかにいると信じている! 宇宙人がいろんな形をしていてもおかしくないと思う。子供のときに『未知との遭遇』を観たとき、本当に未来にこういうことが起きるんだと思い込んで、怖がっていたのを覚えているよ。
かのスティーヴン・スピルバーグの代表作『未知との遭遇』が公開されたのが1977年、『E.T.』が1982年。かつてのジョー少年とニック少年が胸躍らせた、SF映画への愛と夢が、本作で描かれる“エイリアン”はもちろん、不良キッズたちの会話の端々に散りばめられている。
――ずばり、ご自身にとって衝撃を受けたSF映画と言うと?
監督:『E.T.』だね。好きすぎて、ダンボールでE.T.を作って友達のように抱えていたんだ。夕食の時間なのにE.T.を作るのに夢中になって、両親に説明しなければならなかった。8歳のときだったと言いたいけれど、実際は恥ずかしながら、13歳だった…。
ニック:僕は『未知との遭遇』だね! 祖母のメラニーがアメリカ人と付き合いがあって、VHSを調達してきてくれて、それを家族みんなで座って観たとき、身体全体で衝撃を受けた。それがいまも続いている。いまも『未知との遭遇』を観ると、11歳の頃の自分に戻れるんだ。
――では最後に、日本の映画ファンにメッセージをお願いします!
監督:アクション、アドベンチャー、エイリアン映画が好きな人や、80年代の古風なSFアドベンチャーが好きな人はぜひ観にきてほしいね。いままでにないストーリーで、新しい監督で、新しいキャストだから新鮮な映画である一方、80年代のスタイルを踏襲したエイリアン映画というところが見どころかな。
ニック:人生の88分の楽しみたいと思ったら、『アタック・ザ・ブロック』を観てほしい!!
[PR]
by pachifu | 2012-06-26 18:52


★大人のエンタメ
 日野美歌(49)は1983年に大ヒットした「氷雨」で一世を風靡した“演歌歌手”である。その意味では“Jポップ”に軸足を置いてきた私にとってテリトリーではなかった。
 3カ月ほど前に所属レコード会社の担当プロモーターからオファーがあった。私がパーソナリティーを務めるFM NACK5の番組「Age Free Music!」にゲスト出演できないか、と。
 3年ほど前から私は〈Age Free Music〉を提唱している。演歌・歌謡曲でもない。Jポップでもない。大人の音楽をそう名づけて推奨しているのだ。
 送られてきた日野のニュー・シングル「桜空」を聴いて、これは大人の良質な音楽で紛れもなく〈Age Free Music〉である、と判断しゲストに来ていただいた。
 尋ねると作詞の「歌凛」は日野のペンネームだと言う。2003年から彼女は作曲家の馬飼野康二に勧められて作詞を始めている。はじめは消極的だったが、迷いながらも馬飼野に励まされ、意外に書ける自分を発見する。こうして馬飼野の曲に初めて詞をつけた「桜が咲いた」ができあがった。「自分の違う扉がそこにパカーンと開いた感じでした」という。“シンガー・ソングライター”への道が切り拓けたのだ。
 08年にはインディーズで「横浜フォール・イン・ラブ」というジャズテイストあふれる大人の雰囲気が漂うアルバムを発表。特にタイトル曲は歌凛・馬飼野コンビによるちょいワル男と女が織りなす“熟恋歌”として話題を呼んだ。こうしてキャリアを積んできた彼女が満を持して放った自信作が「桜空」だ。テーマは「桜プラス生きる」だという。
 「去年あんなに悲しいことがあったのにいろんな場所から桜の便りが届いてきて、春が来て桜が咲いているということの現実感。桜が私たちに生きろと言っているようにしか思えなかったんです」
 日本に桜の花が咲くかぎり、「桜空」もまた歌い続けられるに違いない。時代が彼女に〈大人の歌〉を作らせたのだろう。(音楽評論家・富澤一誠)
[PR]
by pachifu | 2012-06-26 16:27


 国土交通省国土地理院は20日、同院の主催する“電子国土賞”の第1回受賞作品のひとつに、老舗3D地図ソフト「カシミール3D」を選出した。「カシミール3D」は、国土地理院から刊行されている数値地図やさまざまな地形データ、標高データなどをもとに、地図や3Dモデルによる展望を表示できるソフト。作者のWebサイトのほか、窓の杜ライブラリからもダウンロードできる。
 “電子国土賞”は、国土地理院から刊行されている数値地図といった各種データを活用した、独創性・有用性・発展性・操作性などに優れたソフトやコンテンツを表彰する賞。“東京大学 空間情報科学研究センター”“日本国際地図学会”といった非営利団体の推薦を受けたソフトやコンテンツのなかから、学識経験者などで構成される選考委員会によって選定される。
 「カシミール3D」は、山岳の展望をリアルな3DCGで表示する機能やプラグインにより多くの地図データを読み込めるようになるといった拡張性が評価された。“電子国土賞”にはほかにも、iOS用アプリ「東京時層地図」や有償の地図作成ソフト“地図太郎”シリーズなどが選出されている。
[PR]
by pachifu | 2012-06-26 13:55


 24日放送されたNHK大河ドラマ「平清盛」(日曜午後8時)の平均視聴率は関東地区で10・1%となり、1994年8月14日放送の「花の乱」と並ぶ過去最低となったことが25日、ビデオリサーチ調べで分かった。関西地区は11・3%だった。
 これまで関東地区の最低記録は、5月27日放送分で記録した10・2%。関西地区では6月3日放送分で異例の1ケタ、9・2%を記録していたが、関東地区でも1ケタ台が目前となった。
[PR]
by pachifu | 2012-06-26 09:33


 2011年度の出荷台数が725万台に達し、メーカー別シェアで2位に躍り出たiPhone。このiPhoneが、もしドコモからリリースされた場合、買いたいと思う人が25%超に達していることがICT総研の調査で分かった。
 調査は、“現在発売されていないスマートデバイス”がリリースされたら購入するかどうかを、1000人のモニターに聞いたもので、ドコモ版iPhone(購入検討率27%)とドコモ版iPad(同25.5%)の購入意向を示した人は25%を超えている。au版iPadも16.3%が購入意向を示すなど、iOS端末の人気の高さがうかがえる結果となった。
 ドコモ版iPhone、iPadに次いで購入意向が高かったのは、AmazonのKindle Fire(同18%)。次の冬モデルでの投入が検討されているドコモ版Windows Phoneも15%弱と健闘している。
(プロモバ)
[PR]
by pachifu | 2012-06-26 07:41

ドコモ



 NTTドコモは25日、4.7インチHD液晶搭載のハイスペックスマホ「docomo NEXT series AQUOS PHONE ZETA SH-09D」を29日に発売すると発表した。事前予約については22日から受付けている。
 「AQUOS PHONE ZETA SH-09D」は、ワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信まで日本仕様全部入りで、下り最高75Mbpsの高速通信XiやWiFiテザリング、おくだけ充電機能にも対応し、さらに有効画素数約1210万のCMOSカメラを搭載している。本体サイズは約130×67×10.8mm(最厚部11.3mm)で、重さは約140g。
 CPUは1.5GHzのデュアルコア、OSはAndroid 4.0を採用。ディスプレイは約4.7インチ、720×1280ドットのHD/Super CG Silicon液晶。バッテリー容量は1900mAhで、連続待受時間は3Gの時で約370時間、LTEでは約270時間、GSMでは約290時間。連続通話時間については、3Gの時で約390分、GSMでは約530分となっている。
[PR]
by pachifu | 2012-06-26 05:30


 厚生労働省の「小児がん医療・支援のあり方に関する検討会」(座長=垣添忠生・日本対がん協会会長)は25日、地域の小児がん診療のけん引役を担う小児がん拠点病院の指定要件を決めた。要件は、がん診療連携拠点病院の要件を基本にしているが、小児患者の発育や教育に配慮し、保育士の配置や院内学級または教師の訪問による教育支援、退院時の復園・復学支援を行っていることなどを挙げている。
 診療体制に関しては、造血器腫瘍、脳腫瘍や骨軟部腫瘍を含む固形腫瘍といった小児に多いがんや、再発がん・治癒の難しいがんに対し、手術療法、放射線療法および化学療法を組み合わせた集学的治療と、緩和ケアの提供を求めている。日本小児血液・がん学会が認定する「日本小児血液・がん専門医研修施設」および日本小児外科学会の「認定施設」であることも要件になった。
 また、小児がん情報の収集・提供体制については、がん患者やその家族などからの相談に対応できる体制の整備を義務付けた。国立がん研究センターがん対策情報センターによる研修を修了した専任の相談支援に携わる人員の1人以上の配置を求めているが、2年以内に研修を修了する予定者を含めていいなどとしている。
 小児がん拠点病院は、厚労省が目指す小児がん診療提供体制のけん引役になることが期待されている。厚労省は、小児がん拠点病院を軸とした病病・病診連携というネットワークの拡大につなげたい考えで、今後、小児がん拠点病院の要件を都道府県や全国の医療機関などに通知し、募集期間を経て、秋ごろに全国10程度の施設を指定する。
[PR]
by pachifu | 2012-06-26 03:52