<   2012年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧

「妖怪」と聞くと、あなたはどういうものを思い起こす? 日本で最も有名な人間と妖怪たちのストーリー「ゲゲゲの鬼太郎」を筆頭に、『となりのトトロ』や『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』などのジブリ作品など、数多くの映画でも親しまれてきた妖怪たち。元々は人間を超越した力を持った“怖れ”の象徴として古代より語り継がれてきたが、時に自然界を脅かす人間に戒めを与える存在として、時には人間と共存する癒しの存在であったりと、その描かれ方は多岐にわたる。今回ご紹介する妖怪は、それとはまた一風変わった魅力を放つ、愛すべき存在である。
その妖怪とは、4月に公開される『ももへの手紙』に登場する妖怪3人組。父を亡くし、瀬戸内の小さな島に母と引っ越してきた主人公、小学6年生のももの元にある使命をもって“見守り組”と名乗り、突如として現われる。彼らの名前は、イワ、カワ、マメ。当然、彼らの存在に気づいたももはおののき、どうにも怪しい姿に不信感を抱くのだが、何とも憎めない彼らと過ごすうちに、慣れない島の暮らしに自然と溶け込むように…。
ももを含む、限られた子供にしかその姿が見えない“見守り組”の3人。リーダー格で強面のイワはその容貌とは裏腹に、心根が優しい妖怪。どこか抜けている彼にツッコミを入れるのが、面倒くさがりでズル賢いカワ。そして、もう一人はマメ。一番マイペースで、3人の中でもマスコット的なキモかわいさを放っている。その声を演じるのは西田敏行、山寺宏一、チョーの個性あふれる演技派の面々。食いしん坊で人の食べ物をあたり構わず盗んでしまうのが厄介だが、愛嬌たっぷりで憎めない妖怪たちをユーモアたっぷりに魅せている。
本作でメガホンを取った沖浦啓之監督によれば、この妖怪たちの誕生のきっかけは、本屋で見つけた黄表紙(江戸時代の絵本の一種)に関する本だったそう。黄表紙に描かれたような妖怪が「人間が与えた形」を持ったものとして本の中から出てくることを思いついた監督は、徹底的なリサーチを行い、確たる裏付けのもと、ユニークな妖怪たちを誕生させた。出会った頃は、お互い分かり合えない部分があったももと妖怪たちであるが、彼らの笑いに満ちたやり取りからは「誰かがいつも見守っていてくれる」という優しいメッセージが伝わってくる。そして、本作の物語のキーとなるのは、なぜ“見守り組”たちはももの元に現われたのか、ということ。果たして、彼らが背負っている使命とは――?
『ももへの手紙』は4月7日(土)より広島・愛媛にて先行公開、4月21日(土)より全国にて公開。
特集:『ももへの手紙』の世界へようこそ
www.cinemacafe.net/ad/momo/
[PR]
by pachifu | 2012-03-31 10:49
 昨年11月に妊娠中であることを発表したモデルの森貴美子が30日より産休に入ることをオフィシャルブログで明かしている。
 すでに臨月に入っている森だが、ぎりぎりまで仕事があり、出産前最後の仕事が終わったことを報告できたのは29日付のブログ。仕事をこなしている間は急に産気づくのではないかと不安になることもあったと明かしており、出てこようとする赤ちゃんにストップをかける夢も見たという。
 だが、ようやくそういったドキドキから解放された森。「もう本当にいつでも大丈夫なので、自分は冷静にどっしり構えて、赤ちゃんの出てきたいタイミングを待ちたいと思います!!」と初産への心構えはばっちりであることをうかがわせている。
 先日の藤本美貴の第1子を出産など、芸能界にはおめでたい話題が続いている。森の知らせを今か今かと心待ちにしているファンも多いはず。そういった人、そして森自身にとっては、まずは無事に産休に入れたことでほっと一安心というところかもしれない。(編集部・福田麗)
[PR]
by pachifu | 2012-03-31 08:58
 スペインの画家パブロ・ピカソが絵画「ゲルニカ」を描いた姿を映画化する新作、『33 ディアス(原題)/ 33 Dias』で、グウィネス・パルトローがピカソの愛人だった写真家ドラ・マール役を演じることになった。スペイン各紙が報じている。
 この作品は、映画『カルメン』や『フラメンコ』などで知られるスペインのカルロス・サウラ監督が手がけるもので、スペイン内戦時の1937年、激しい空爆を受けたスペイン北部バスク地方の町ゲルニカの惨状を伝えるため、当時パリに暮らしていたピカソが絵画「ゲルニカ」を描いた33日間を映しだすもの。ピカソ役には、ピカソと同じスペイン南部の町マラガで生まれたアントニオ・バンデラスが決まっている。
 映画では、当時ピカソの愛人だったフランス人写真家で画家のドラ・マールとの関係も描かれる予定だが、スペインの全国紙エル・ムンド紙などは、そのドラ役をグウィネスが演じることになったと報じている。グウィネスにはスペイン滞在歴がありスペイン語も話すほか、スペインの食文化紀行の番組に出演していたこともあり、スペインには馴染み深い。アメリカ生まれのグウィネスが生粋のスペイン人アントニオと映画のなかでどんな競演を見せてくれるのか楽しみだ。(竹内エミコ)
[PR]
by pachifu | 2012-03-31 07:08
 厚生労働省は30日、「国立病院及び労災病院の新しい法人制度に関する検討会」(座長=永井良三・東大大学院教授)の初会合を開き、国立病院を運営する国立病院機構と、労災病院を運営する労働者健康福祉機構の両独立行政法人について、2014年4月の新法人制度移行に向けた検討を始めた。13年の通常国会への関連法案提出を目指し、年内にも報告書を取りまとめる。
 この検討会は、1月に閣議決定された「独立行政法人の制度及び組織の見直しの基本方針」で、両独立行政法人について「14年4月より新たな法人制度に移行する」とされたことを受けて設置された。
 主な検討事項は、▽社会や医療ニーズの変化に対応した病院運営▽法人の経営努力を促進する財政運営▽目標・評価▽国民目線での情報公開・発信―の在り方で、5回程度の会合を開いて議論を取りまとめる。
 初会合では、両法人からのヒアリングを行った。
 この中で国立病院機構の矢崎義雄理事長は、年間利益をどう使うかを政府が判断する独立行政法人の制度は、「医療になじまない」と指摘。民営化が実現すれば、「中長期的な投資が可能になり、医療サービスの質が格段に向上する」との期待感を示した。
[PR]
by pachifu | 2012-03-31 05:25
 カナダのResearch In Motion(RIM)が標準化団体に対し、次世代の「nano-SIM」カード仕様をめぐる争いでAppleが取っている戦術に関する苦情を書簡にして送った。同社はNokiaとともに、Appleの主張に疑いをもたせようともくろんでいるようだ。
 RIM、Nokia、Motorola Mobilityの3社とAppleの見苦しい戦いは、ますますひどくなっている。nano-SIM(正式名称は「4FF(fourth form factor)」)と呼ばれる新たな小型SIMカードの規格としてどちらの提案が採用されるかが、紛争の焦点となる。
 両陣営がそれぞれ出した提案は、標準化団体ETSIが審議し、3月29日および30日に投票を行う。
 3月28日に同団体へ送付されたRIMの書簡には、ここ数日の間、1企業の複数の社員が所属会社名を変え、まったく別の企業の代表を装って会議に参加しているケースを目撃したと書かれている。RIMによれば、技術標準策定組織の会期中に代理投票を行うのは許されない行為だという。
 書簡の中で特に言及されている4つの事例のうち3つまでは、Appleの社員がそれぞれBell Mobility、KT Corp、SK Telekomの代表として参加申請していたそうだ。代理投票は許可されていないため、彼らは仕様策定手続きにかかわるべきではないとRIMは主張した。
 Appleの提案は、携帯電話事業者らから支持を得ていると報じられている。
 RIMが書簡で表明した不満についてAppleおよびETSIにコメントを求めたものの、回答は得られなかった。ETSIの広報担当者は28日、投票が行われたときには声明を発表すると述べた。
 RIMが苦言を呈する書簡を送った一方で、Nokiaもまた、Appleと同社の提案に対して攻撃的な構えを見せている。同社は28日に、Appleは標準化プロセスを乱用しており、同社の提案が通った場合はnano-SIM標準を受け入れないとの意向を表明した。
(Mikael Ricknas/IDG News Serviceロンドン支局)
[PR]
by pachifu | 2012-03-31 03:22
就活ライブチャンネルは2012年3月15日、2月24日から3月1日に実施した2012年春に入社する新入社員の就職活動に関する調査について、結果を発表した。それによると、4人に1人が就活期間が1年以上にわたったこと、プレエントリー企業数の平均が46社、本エントリー企業数が平均25社だったことなどがわかった。ソーシャルメディアを就活に利用したのは27.8%で、活用方法は友人との連絡手段が61.3%だった。活用メディアは多い順に Twitter、mixi、Facebook。
就職活動の開始時期で最も多かった回答は2010年10月ごろで、2位が2010年12月ごろという結果。半数以上が2010年中に就職活動を開始していた。就職活動の期間は8か月間という回答が最も多かった。一方で4人に1人は1年以上就職活動をしていた。
プレエントリーした企業数で「100社以上」と答えた回答者は全体の18.8%と、昨年の同時期の調査と比べ6.3ポイントの下落が見られた。平均では46社。本エントリーした企業数の平均は25社だった。説明会に参加した企業数の平均も19社となり、昨年の24社から5社減少するという結果になった。
就活にかけた費用の平均は6万7,000円で、8人に1人は15万円以上使っていることも分かった。性別比較では男性平均7万500円に対し女性平均6万3,480円と男性が多く、居住地比較では一都三県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)在住者6万762円に対し地方在住者7万766円と地方在住者のほうが多かった。
就活におけるネットの利用意向については、会社説明会で64.3%で、特に一都三県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)在住の女性は75.7%がネット上での会社説明会に好意的な姿勢を示した。ネットでの面接については全体では35.0%が利用したいと答え、好意的な姿勢を示したのは地方男性で39.9%。
新社会人の4人に1人はスマートフォン所有者だが、就活でスマホアプリを利用したのは9%にとどまった。
調査対象者は今春入社予定の20歳から24歳の男女。有効回答数は400名。
[PR]
by pachifu | 2012-03-31 01:27
 エバーグリーンは、同社直販ショップ“上海問屋”で「MHL入力プラス3ポートHDMI切換器」(DN-68875)を発売した。価格は4999円(税込み)。
 本製品は、3入力1出力仕様のHDMI 1.3b対応HDMI切り替え器としての機能に加え、MHL(Mobile High-definition Link)での入力(Micro USB端子形状)もサポートするスマートデバイス対応映像入力切り替え器。
 MHL入力はフロントに搭載。MHL対応スマートフォンと接続し、家庭用テレビなどへ最大1080Pで出力できる。
 本体サイズは155(幅)×70(奥行き)×25(高さ)ミリ、重量は約260グラム。本体のほか、ACアダプタ、操作用リモコン、HMLケーブル(Micro USB)が付属する。
[PR]
by pachifu | 2012-03-30 23:22
 卓球の世界選手権団体戦第5日が29日、ドイツのドルトムントで行われ、女子の決勝トーナメント1回戦で韓国がハンガリーを3―0で破った。これで日本女子の準々決勝(30日)の相手が韓国に決まった。今大会は3位決定戦が実施されないため、日本が韓国を破れば銅メダル以上が確定する。
 日本は前回2010年のモスクワ大会でも準々決勝で韓国と対戦し、3−2で競り勝って銅メダルを獲得している。
[PR]
by pachifu | 2012-03-30 20:07
 フィッシング対策協議会は30日、緊急情報「新生銀行をかたるフィッシング(2012/03/29)」を公開した。
 それによると、新生銀行を騙る偽サイトが稼働しているとのこと。同協議会ではJPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼したとしている。サイトのURLは「shinse-bango.●●●●●.com/shinse/」などとなっているが、今後、類似のフィッシングサイトが公開される可能性もある。
 協議会では、このようなフィッシングメールやサイトにて、ログインに必要な情報 (口座番号、暗証番号、パスワード、セキュリティカードの乱数表)などを入力しないように注意するよう呼びかけている。
[PR]
by pachifu | 2012-03-30 17:42
 株式会社駅探は29日、鉄道の遅延状況などをリアルタイムに入手するためのAndroidアプリ「路線実況」を公開した。Android 2.1以上に対応しており。Google Play(旧Android Market)から無料でダウンロードできる。
 Twitterでつぶやかれているツイートの中から、鉄道の運行状況に関連するツイートだけに絞って時系列に表示するもの。ユーザーが選択した路線に関するツイートが、最新のものから順にタイムライン表示される。ツイートされているこうしたリアルタイム情報は、特に地震や台風などの災害時に有効だとしている。
 タイムラインを見たい路線は、路線一覧や検索、よく使うお気に入り路線から指定できるほか、GPSの位置情報から推定して自動的に路線を提示する機能もある。遅延などが発生し、運行状況に関連するツイートが流れている路線には「!」マークが付く。
 なお、このアプリは株式会社東芝研究開発センターと共同で開発し、実証実験を目的として提供するもの。提供期間は最長で5月29日までの予定となっている。また、対応しているのは、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬のJR在来線、新幹線、私鉄、地下鉄のみだ。
[PR]
by pachifu | 2012-03-30 15:11