ソニー



 ソニーは、iPod/iPhone/iPadとつながるDockコンポの2機種を発表した。販売開始は9月1日。価格はオープンで、予想実売価格は、Bluetooth対応「CMT-V70BIP」が35,000円前後、同非対応「CMT-V50IP」が30,000円前後。いずれもソニーストアでも取り扱う。
 両機種は、奥行き137mmのスリムボディとなるCD付きドックコンポ。iPod/iPhone/iPad接続用Dockを搭載し、iPod/iPhone/iPad内の音楽を再生できるほか、iPod/iPhone/iPadの充電も可能となっている。
 上位機種の「CMT-V70BIP」はBluetoothに対応しており、iPod touch/iPhone/iPadをDockに接続せず、ワイヤレスで音楽再生が可能。ほかにBluetooth対応のAndroidスマートフォンやタブレット、ポータブルオーディオプレーヤーなどの音楽再生もワイヤレスで楽しめる。
 両機種とも高音質デジタルアンプ「S-Master」を装備。スピーカーは磁性流体(Magnetic Fluid)サスペンション構造とし、ボイスコイルから振動板への振動伝達ロスを低減することでボーカルの再生音質を向上した。付属のリモコンでコンポ本体はもちろんiPod/iPhone/iPadの遠隔操作が可能となっている。
 本体カラーは、「CMT-V70BIP」がシルバー/レッドの2色、「CMT-V50IP」がブラック/ライトシルバー/ピンクの3色をラインアップ。
 Bluetoothへの対応の有無を除き、両機種の共通仕様として、FM/AMラジオチューナーを搭載。実用最大出力は20W×2、スピーカー形式はフルレンジパッシブラジエーター型で65mmコーンを採用。本体サイズは幅449×高さ212×奥行き137mm(突起部除く)、重さは約2.8kg。付属品はリモコンなど。
[PR]
by pachifu | 2012-08-07 14:38