スーパーコンピュータ「京」が完成……9月末から共用を開始



 理化学研究所(理研)と富士通は2日、共同開発を進めてきたスーパーコンピュータ「京(けい)」が完成したことを発表した。6月29日に最終的な動作確認試験を終えたもの。
 「京」は、文部科学省が推進する「革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)の構築」計画のもと、開発されてきたスパコン。2010年9月末から搬入が開始され、2011年8月末に864筐体すべての搬入・据付が完了。スーパーコンピュータの性能ランキング「TOP500」では、2011年6月、2011年11月と世界第1位を2期連続で獲得した。またHPCチャレンジ賞4部門すべてで、首位獲得、ゴードン・ベル賞受賞などを果たしている。
 今後は、高速応答で低消費電力のデバイスが期待される次世代半導体材料の性質解析、創薬への応用、エネルギー変換効率の高い太陽電池の開発への貢献、地震波伝搬・強震動および津波シミュレーションに基づく人工構造物の揺れの予測、高精度な気象予測情報の提供などに活用される予定。
 当面の予定としては、運用環境設定や、調整運転、ユーザー登録など共用に供するための環境整備を、一部先行利用を継続しながら実施し、本年9月末から共用を開始する予定。
[PR]
by pachifu | 2012-07-03 15:15