携帯電話の国内出荷台数、2012年第1Qは富士通が過去



 IDC Japanは27日、国内携帯電話市場の2012年第1四半期(1〜3月)の出荷台数を発表した。
 2012年第1四半期の国内出荷台数は、前年同期比17.3%増の1,016万台と。3四半期連続で1,000万台超の出荷台数となっている。同四半期のスマートフォン比率は、総出荷台数の64.5%となるなど、スマートフォン需要の急拡大が背景と見られる。
 ベンダー別出荷台数シェアでは、スマートフォン端末「ARROWSシリーズ」の販売が好調な富士通が、シェア第1位を獲得した。獲得シェアは23.1%。なお同社が出荷台数シェアでナンバーワンになるのは、過去5年間で初となる。アップルは、前四半期(10〜12月)から順位を1つ落とし、第2位となった。獲得シェアは22.2%。第3位には前四半期同様、シャープがランクインし、次いでパナソニックモバイル、京セラがそれぞれトップ5の座を堅持する結果となっている。
 なお国内携帯電話市場ではスマートフォン端末が市場のけん引役となる一方で、ゼロ円販売が中心である低価格帯モデルの出荷台数も拡大傾向にあり、これにより中国のZTE社、ファーウェイ社の市場占有率が少しずつ高まっているという。同四半期における2社の合計シェアは4.5%とのこと。
[PR]
by pachifu | 2012-06-28 01:12