東芝製の2TB HDDが初登場、自社工場版?



 東芝製3.5インチHDDの2TBモデルが登場、エンタープライズ向けSATA HDDの「MK2002TSKB」とSAS HDD「MK2001TRKB」が発売された。
 前回発売された「HGST生産品」と違い、同社の自社工場で生産されたとみられる製品だ。
 実売価格はMK2002TSKBが17,480円前後、MK2001TRKBが19,980円前後(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)など。
 このほか1TBモデルの「MK1002TSKB」「MK1001TRKB」も発売されている。
●高信頼性を謳う「ニアライン」モデル
 自社工場製?
 これらは、同社が「ニアラインHDD」と位置付けるエンタープライズ向け3.5インチHDD。
 ニアラインHDDとは、オンライン(データセンターなど)とオフライン(デスクトップPC)の中間にあたるサーバー向けHDDの一種で、アクセス頻度は比較的少ないものの容量は大きく、またデスクトップPC向けHDDより高い信頼性を持つとされる。
 同社によれば、エンタープライズ向けHDDとして低消費電力を実現したのも特長で、MK2001TRKBとMK2002TSKBでは、同社製2.5インチHDD「MBF2600RC」との比較でエネルギー消費効率を約40%改善したとしている。
 また、今回の製品の生産国は、同社の製造拠点があるフィリピンとなっている。前回登場した「DT01ACAxxxシリーズ」は、本体に「HGSTによる中国製」という旨の表記があったが、今回の製品にはそうした記載はない。型番も東芝製HDDではお馴染みの「MK」で始まるものだ。
 インターフェイスはSerial ATA 2.6(3Gbps対応)またはSAS 2.0(6Gbps対応)。バッファ容量はSATAモデルが64MB、SASモデルが16MB。プラッタ枚数は2TBモデルが4、1TBモデルが2。
 その他の主な共通スペックは、ディスク回転数7,200rpm、平均シーク時間がリード8.5ms、ライト9.5ms、騒音値30dB、本体サイズが幅101.6×高さ26.1×奥行き147mm、重量800g。
[PR]
by pachifu | 2012-06-23 10:22