写真で解説する「AQUOS PHONE SL IS15SH」



 2012年の夏モデルとして、各キャリアからさまざまなスマートフォンが発表されたが、KDDIのシャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE SL IS15SH」は唯一のダイヤルキー搭載モデルだ。
 シャープはこれまでにもスライド式ダイヤルキーが付いたAndroidスマホを多数手がけており、過去のモデルではau向けの「AQUOS PHONE IS11SH」「AQUOS PHONE IS14SH」や、NTTドコモ向けの「AQUOS PHONE slider SH-02D」、ソフトバンクモバイル向けの「AQUOS PHONE THE HYBRID 101SH」などがある。ソフトバンク向けには折りたたみ型の「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」もラインアップしていた。いずれもフィーチャーフォンからの乗り換えを意識し、物理キーによるダイレクトな操作感を実現しようとしたモデルだ。
 IS15SHのコンセプトも同様で、Androidスマートフォンでありながらフィーチャーフォンのような使い勝手を追求した。前モデルのIS14SHもかなりフィーチャーフォンに近いダイヤルキーを持っていたが、IS15SHはソフトキーなどの配置を見直してかなりケータイに近づいている。そのほか、キーの長押しでペールビューのオン/オフができるようになったり、スライドの開閉で通話の開始/終了ができるなど、前モデルのユーザーが求めていた点の改善も反映している。ダイヤルキー自体も大型化して、見やすく、押しやすくなった。形状は三角形の断面を持つクリートラインで、前後のキーと境目を広くすることで、押し間違いも減らしているという。
 ディスプレイは3.7インチのQHD(540×960ピクセル)表示 26万色 NewモバイルASV液晶で、もちろんタッチパネル操作が可能。アウトカメラは有効約804万画素CMOS。この2点はIS14SHと共通だが、IS15SHは有効31万画素CMOSをインカメラとして搭載した。またボディは新たに防水(IPX5/IPX5)・防塵(IP5X)へ対応した。そのためか、ボディの幅と高さが数ミリほど大きくなっている。IS14SHは約56(幅)×117(高さ)×14.7(厚さ:最厚部約15.4)ミリで、IS15SHは約58(幅)×121(高さ)×14.9ミリだ。なお、IS15SHのボディサイズは暫定値なので、発売時には変更になる可能性がある。
 OSは最新のAndroid 4.0で、CPUについては前モデルと同じ1.4GHzのシングルコアのMSM8655を採用した。同じ夏モデルの「AQUOS PHONE SERIE ISW16SH」「AQUOS PHONE CL IS17SH」が採用した「Feel UX」は搭載していないが、アプリの一覧を3×4のタイル状にケータイらしく表示する「アプリトップメニュー」を搭載した。3G通信は下り最大9.2Mbpsの「WIN HIGH SPEED」が利用できる。+WiMAXには非対応だ。海外ローミング時には従来のCDMAに加えてGSMもサポートした。利用できる無線LANはIEEE 802.11 a/b/g/nで、ノイズに強い5GHz帯を使う規格(aとn)をカバーしている。
 フィーチャーフォンの乗り換え組を意識しているだけあり、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信、緊急地震速報といった国内向け機能にはもちろん対応。そのほか、右側面のカメラ用シャッターキーや、着信やメール受信を通知するお知らせランプ、着信時に端末をひっくり返して着信音やバイブを一時的に停止できるクイックサイレントなど、ケータイ譲りの快適機能を搭載している。
 ケータイキャリア各社が発表する新製品のほとんどが、フルタッチパネル操作のスマートフォンになりつつある。フィーチャーフォンのラインアップも残ってはいるが、その選択肢は減少傾向だ。フルタッチ操作に踏み切れないフィーチャーフォンユーザーにとって、使い慣れ親しんだケータイのUIを持つIS15SHは、最初のスマホとしてふさわしい1台かもしれない。
[平賀洋一,ITmedia]
[PR]
by pachifu | 2012-06-19 01:33