“11ac技術“を採用──バッファロー、最大600Mb



 バッファローは6月15日、最大600Mbpsの高速無線LANルータおよび関連機器を発表。2012年7月下旬に発売する。
 ラインアップは無線LAN親機単体「WZR-D1100H」、600Mbps通信対応イーサネットコンバータ(子機)「WLI-H4-D600」、それぞれのセットモデル「WZR-D1100H/E」の3製品。価格はWZR-D1100Hが1万7800円(税抜き、以下同)、WLI-H4-D600が1万6800円、WZR-D1100H/Eが3万1700円。
 WZR-D1100Hは、新世代無線LAN規格「802.11ac」の技術iの一部を用い、5GHz帯使用時で最大600Mbpsの無線通信速度を実現する無線LANルータの日本市場向けモデル。5GHz帯/11ac技術利用時で最大600Mbps、IEEE802.11nも2.4GHz/5GHz帯それぞれで最大450Mbpsでの通信に対応する。
 “11ac技術”については、802.11acに用いる技術のうち、変調方式に256QAMを採用、6ビット変調(802.11n)から8ビット変調へ伝送能力を約1.3倍に高める技術を取り入れ、最大通信速度を600Mbpsまで高めた。11ac技術を利用した最大600Mbpsでの通信は、当面WZR-D1100Hとイーサネットコンバータ/子機のWLI-H4-D600とのみ行える。WZR-D1100H、WLI-H4-D600ともに4基のギガビットLANポートを実装する。
 なお、国内における802.11acは総務省による認可待ちとする状況で、認可後2013年ごろのドラフト対応製品投入を想定。同社は同形状ボディで802.11ac ドラフト2.0対応とする「WZR-D1800H」を米国市場ですでに販売済み。また、2012年6月現在、IEEE(米国電気電子学会)により新世代無線LAN規格「IEEE802.11ac」として策定が進められている。
[PR]
by pachifu | 2012-06-16 13:27