富士フイルムのプリントシステムと連携したスマホアプリの



富士フイルムは2012年6月13日、フォリオと共同でアプリ開発者向けプログラム「Photo Product Partner Program」を構築した、と発表した。年内には、同社のプリントシステムとの連携を可能にするソフトウエア開発キット(SDK)を一般公開するとしている。
スマートフォンやタブレット端末のカメラを使って写真を撮影する利用者は増加しているが、撮影した写真をポストカードやフォトブック等のプリント商品に加工できるアプリはほとんど存在していない。また、アプリ開発者にとっては、そのようなアプリを開発しても、開発コストの回収が難しいという状況もある。
今回同社が発表した「Photo Product Partner Program」は、開発者によるアプリと富士フイルムのプリントシステムを連携させ、アプリを通してポストカードやフォトブックなどのプリント商品を注文可能にするプログラム。これを可能にする SDK が、フォリオを通じて開発者に無償で提供される。
アプリ開発者は SDK を使用することで、プリント商品を発注するためのインターフェイスを持つアプリを簡単に開発可能になる。商品注文時の決済や、商品の生産、配送、お客様対応などはすべて富士フイルムが行うため、アプリ開発者はこれらを気にせずに開発に専念できる。また、同 SDK を組み込んだアプリから注文された商品の収益の一部は、フォリオを通じてアプリ開発者に支払われるため、アプリ開発者は新たな収益源を得ることができる。
[PR]
by pachifu | 2012-06-14 08:23