エステー



 エステーは12日、“CsIシンチレーション式”を検出形式に採用し、感度を大幅アップするとともに、高価格品と同等の測定時間を実現した「エアカウンターEX」を発表した。販売価格は税込み19,800円、小冊子「正しく覚えよう!放射線の基礎知識」が付属する。
 「エアカウンターEX」は、同社の家庭用放射線測定器の第3弾。放射線の1つである空気中のガンマ(γ)線を0.01μSv/h〜99.9μSv/hの範囲において片手で簡単に測定できる(μSv/h=毎時マイクロシーベルト)。これまでのSi半導体から、より高性能の“CsIシンチレーション式”を検出方式に採用したことにより、セシウム(Cs137)の測定感度を大きく高めた。
 測定時間は既存の「エアカウンターS」の最長2分に対し、4分の1となる約30秒に改善された。また、精度も±15%とこれまでの±20%から高め、低線量時でもより精度の高い測定ができ、移動しながらでもホットスポットを高精度に可能とした。測定範囲は、現行機種の0.05μSv/h〜9.99μSv/hから、0.01μSv/h〜99.9μSv/hに大きく広げて、除染事業者などの高いニーズにも対応する。計測中に放射線を感知するたびにブザーが鳴る機能や、計測完了後、5秒ごとに数値を更新しながら、連続測定が可能となっている。電源には単4アルカリ電池2本を使用し、連続駆動時間は標準的な使用環境で約125時間。
 6月20日より、自治体や学校、教育機関、除染事業者などを対象に発売する。また、個人向けには、8月初旬にインターネット通販で発売する予定。月産数量は約1万個。なお「エアカウンターEX」で採用している“CsIシンチレーション式”は、1年を超えて使用した場合、校正作業(定期的な調整)が必要になる場合があるため、ユーザーに向けて簡易校正サービス(有償)を行う体制を整える予定。
[PR]
by pachifu | 2012-06-13 20:08