最・低重心! ブリヂストンの3人乗り対応小径電動アシス



 ブリヂストンサイクルが、アンジェリーノ シリーズで最も低重心でコンパクトな3人乗り(幼児2人同乗)対応小径電動アシスト自転車「Angelino PETITE ASSISTA(アンジェリーノ プティット アシスタ)」を開発。6月8日より発売開始する。
 アンジェリーノは「幼児2人同乗用自転車安全基準 自転車協会」認定、フロントに専用チャイルドシートを装着した、「チャイルド ケア バイク」=子育て応援自転車としてブリヂストンが開発したシリーズだ。シリーズの累計販売台数は30万台を突破している。
 今回発売される「プティット アシスタ」は、シリーズの中でも電動アシスト機能のついたもので、20インチ小径ファットタイヤ採用により低重心設計を実現し、安定性を高めた。幼児2人を乗せた、3人乗りの状態でも倒れづらくコントロールしやすいのが特徴だ。このファットタイヤは、小径でも豊富なエアボリュームなので、走行時の路面振動性が高く、それが安定感を増している。また100kgにも達する3人乗り状態でも安心の耐荷重を誇る。見た目はゴツく太くスポーティーなので、イクメンたちにもおすすめだ。
 フレームは、このタイヤにあわせてゼロから開発。強度・剛性・安全性を確保した頑丈なアルミタフフレームを採用。低重心なのでハンドリングのバランスが良く、真っ直ぐ走るときも、曲がるときも、快適走行が可能。女性ならスカートでもまたぎやすく、かつ男性でもチャイルドシートに膝があたりにくいオープンワイドな形状もありがたい。
 チャイルドシートは低く、フロントもリヤも、子どもの乗せ降ろしがスムーズ。サドル位置は3人乗りモデルの中で一番低く(2012年5月31日、ブリヂストンサイクル調べ)、女性が使った際も足着き性に優れている。
 子乗せ機能では、リクライニング機構を備えたフロントチャイルドシート、業界に先駆けて開発した、万が一の転倒の場合でも幼児の頭部を守るヘッドガード、成長に応じて調整可能なヘッドガートとフットレスト、駐輪時の転倒を防止するハンドルロック機能とワイドスタンドと子どものための安全機能と快適機能が満載されている。
 電動アシスト機能では、手元で操作できるデジタルメーター付きメインスイッチ、ギヤに合わせてきめ細やかにアシストする「S.P.E.C.3」、走行シーンに合わせてアシスト力を自動でコントロールする「オートエコモードプラス」を装備。
 なお、ブリヂストンサイクルによれば、「アンジェリーノ プティット アシスタ」の標準価格は6万9800円〜14万1800円を想定。全国での年間目標販売台数は1万台。
[PR]
by pachifu | 2012-06-09 06:22