GfKのデータから見る、世界のスマートデバイス普及の潮流

IFA GPC 2012:
 世界最大の家電トレードショウへと成長した「IFA」。その主催者であるメッセ・ベルリンが4月13日(現地時間)、クロアチアのドゥブロヴニクで、プレスとアナリストを集めたカンファレンス「IFA Global Press Conference 2012(IFA GPC 2012)」を開催した。IFA 2012は8月31日から9月5日まで、ドイツ・ベルリン国際見本市会場(Messe Berlin)でかい際される。
 世界最古の家電ショーとして知られるIFAだが、昨今は家電製品のデジタル化に加え、ネットワーク対応が進み、スマートフォン、タブレット端末(欧州ではTablet PCと表記されることが多いが、タブレット型のPCではなく、スマートタブレット)も呑み込むようになってきた。
 AV製品から洗濯機などの白物家電に至るまで、幅広く製品が集まるIFAでは、今まではネットワーク化にあまり縁のなかった分野までが、通信とクラウドを活用したサービスで統合するシナリオが各社によって描かれる。ホームセキュリティ、ホームオートメーション、冷暖房やキッチン用品までがクラウドで結ばれるということだ。
 メッセ・ベルリンによると、今年は白物家電の展示が大幅に増加。日本メーカーではパナソニックが過去最大ブースを構え、日本でパナソニックが言うところの“家まるごと戦略”をクラウドを通じて提供するといった話が出ている。パナソニックが今年、Mobile World Congress 2012で欧州向けにスマートフォンの新ブランドを立ち上げたのも、家をまるごとクラウド化する際に重要なツールとして、スマートフォンが必要と考えたからからかもしれない。
 さて、このようにスマートフォンとの関係が深くなってきている中で、 IFA GPCではGfKがスマートフォン/タブレット市場の分析を行った。メッセ・ベルリンのIFA専務理事、イエンズ・ハイテッカー氏は「バルセロナ(Mobile World Cogress)は春の製品発表の場でもあるが、携帯電話インフラの話が中心。これに対して、我々はエンドユーザーが実際に見て触れる製品を中心に据えており、競合はしていない」と話し、内容がよりエンドユーザー寄りであることを強調した。
●北米で急速に立ち上がったタブレット市場
 まずタブレット市場だが、各種カテゴリーの製品を見たとき、欧州ではタブレット端末の立ち上がりが遅い。というよりも、北米でのタブレット(主にiPad)市場の立ち上がりがあまりに速く、世界的に伸びている中でも北米が突出してタブレットが売れている。これには地域特性もあるのだろうが、結果的にアプリケーションや製品への投資が集まることで、欧州やアジア地区においても、タブレット端末が今以上に大きな存在になると予想している。
 ただし、アジア地区における各国のノートPCとタブレット(グラフ中にはWebbookと表記されている)比率を見ると、香港とシンガポールでは突出してノートPCよりタブレットが好まれる傾向があるなど、地域社会の生活スタイルとの関連性もありそうだ。また、タブレット市場をアップルが独占していることもあって、平均所得の低い地域におけるタブレットの普及ペースに影響を与えている可能性もある。
 今後はWindows 8が登場して、タブレット市場に多様性が生まれることが予想されることも影響するだろう。
●スマートフォンは新興国でも普及
 一方、スマートフォンに関しては、もっと明確な数字が出ている。具体的な数値はGfK発表のグラフに任せるが、簡単にまとめるならば“デジタル家電”というカテゴリーの中でのスマートフォン比率が激増していくということだ。
 世界の各地域と比較した、携帯電話とスマートフォンの伸び率では、アジア地区が目立っている。先進国の多くで、フィーチャーフォンのマイナスがスマートフォンのプラスにつながっている(フィーチャーフォンからスマートフォンへの買い換えが進んでいる)のに対し、アジア地区の新興国ではスマートフォンの登場によって携帯電話の契約数自体が増えている。
 それまで携帯電話を持たなかった人が、スマートフォンをきっかけに契約するようになったことに加え、1人で複数回線を契約する傾向もアジアでは多く見られるという。アジア新興国でのスマートフォンの伸びは、2012年に+69%になると予測されている。東欧も同様に大きな伸びを見せており、新興国ほどスマートフォンの浸透が早い。
 こうしたアジア地区におけるスマートフォン普及の加速は、Android比率の高まりとともに始まったと、GfKのアナリストは指摘した。現在、アジア地区で販売されているスマートフォンの61%がAndroidベースである。Androidによって参入障壁が下がり、低価格端末が多数登場したことがシェア拡大に寄与している。
 興味深いのは、日本の場合、iPhoneの発売時期にAndroidのシェアが大幅に下がるのに対して、アジア地区ではコンスタントにAndroidが増えていることだ。これは端末価格やバリエーションの幅広さに何らかの関連性があるのだろうか。日本や韓国などの成熟したアジア市場を除くと、アジアのスマートフォン普及をドライブしているのは低価格Androidスマートフォンであるように読み取れる。
●コンパクトデジカメ市場にも影響が及ぶ
 一方、スマートフォンの普及とデジタルカメラ市場の関連性も興味深いデータが出ている。アジア地区のユーザーが使っているカメラデバイスは、年々高画素化が進んでいたが、ある時点から800万画素以上の高画素カメラの利用率が下がってきている。このトレンドの変化を作ったのがスマートフォンという分析だ。800万画素以上のカメラの99%が単機能のカメラで、800万画素を下回るカメラの99%がスマートフォンだとGfKは主張している。
 このことはスマートフォンとデジタルカメラ、それぞれのカテゴリーごとに画素数トレンドを見ると明らかで、スマートフォンの画素数が増えると、エントリークラスの単機能カメラが減っていくというトレンドを作っているのが分かる。今年、デジタルカメラ市場はワールドワイドでマイナス5%成長となっている。
 レンズ交換式デジタルカメラは増加する見込みであるため、マイナスの原因はコンパクト機にある。これまでフィーチャーフォンとデジタルカメラの競合が問題になることはなかったが、スマートフォン(単に画質だけでなくSNSとの親和性など使い勝手の面での違いが大きい)との競合は、デジタルカメラに大きな影響を与えているようだ。
[本田雅一,ITmedia]
[PR]
by pachifu | 2012-04-17 22:22