オリ・木佐貫、苦手の西武戦を克服「相性が悪かったので早

 オリックスは15日、埼玉西武に6対2で勝利した。先発の木佐貫洋は7回途中1失点で開幕2連勝となった。
 以下は木佐貫のコメント。
「ランナーを背負う場面が多かったんですけど、1つ1つアウトを取っていこうと思って投げました。フォアボールはありましたが、カウントを悪くしないでどんどん投げていこうと思ってますので、それができているのが良いんじゃないかと思います。パ・リーグに来てからライオンズとは相性が悪かった(移籍後10試合で0勝7敗)ので、なんとか早く勝ちたいなと思っていました。勝てて良かったです」
取材協力:野球専門誌 Baseball Times
[PR]
by pachifu | 2012-04-16 02:31