アレック・ボールドウィンのストーカー逮捕 相手は仕事も

 アレック・ボールドウィンのストーカー女性がニューヨークにある彼の二つの邸宅を訪問し、警察に逮捕された。
 逮捕されたのはカナダ人女優のジェネヴィーヴ・サボーリンで、アレックがカメオ出演したエディ・マーフィの映画『プルート・ナッシュ』にパブリシストとして参加をしており、一緒に仕事をしたことがあるようだ。弁護士によると、友人から頼まれたアレックはジェネヴィーヴと2010年秋に一度食事をしたらしいが、その後、頻繁にメールが送られてくるようになり、やめてほしいと本人に告げたという。しかし、メールの量と内容は過激さを増し、アレックは身の安全に不安を覚えるほどになったとのこと。
 「新しい名前、新しい仕事、新しい国で、あなたという新しい夫と一緒に新たな人生を始める必要があるの!」というメールが一番怖かったと裁判書類には記載されているが、ジェネヴィーヴの弁護士は、普段からメールのやりとりをする仲であり、不安要素など一切ないと反論している。ニューヨーク・ポスト紙によると、彼女は3月31日にカナダからニューヨークのハンプトンズにあるアレックの家を訪れ、アレックは警察に通報。4月8日にはマンハッタンにある彼の家を訪れ、再び通報され、後日逮捕されたという。「ストーカー行為は重大な問題ですので、ニューヨーク市警にすべてをゆだねています」とアレックのスポークスマンはTMZにコメントしている。
 アレックは先日、ヨガ・インストラクターのヒラリア・トーマスとの婚約を発表したばかり。(澤田理沙)
[PR]
by pachifu | 2012-04-15 04:39