インテルのサムエル、股関節の負傷で3週間の離脱

 インテルは12日、同クラブのDFワルテル・サムエルが筋肉の負傷により3週間の離脱を強いられることを発表した。
 11日にホームで行われたイタリア・セリエA第32節のシエナ戦でスタメン出場を果たしたサムエルだが、前半に右足の股(こ)関節を痛め、38分に日本代表DF長友佑都と負傷交代していた。なお、同試合はディエゴ・ミリートの2ゴールによりインテルが2−1でシエナを下している。
(C)MARCA.COM
[PR]
by pachifu | 2012-04-14 06:58