注目の斎藤佑と田中の激突に栗山監督、今日は「2人に任せる」

 北海道日本ハムは13日、札幌ドームで東北楽天と対戦する。先発は、日本ハム・斎藤佑樹、楽天・田中将大。プロで2度目となる対決に注目が集まっている。
 以下は栗山英樹監督のコメント。注目対決に集まった報道陣の多さに驚きながらも、今日の試合が2人にとって大事な試合になることを強い気持ちで語った。
「(注目度がすごいが)皆さん(報道陣)がそうなるってことは、ファンの皆さんもそうなるよね。札幌で試合できるし、遠征(続き)で大変かもしれないけど、今日は選手たちを信じてやっていきます。
(昨日は完封負けだったが)うん、まあ、切り替えが大事だね。大勝の後にやられてしまったね、一番やってはいけない事だけど。選手たちは一生懸命やってるんでね、何とかしようとするとミスしてしまうこともあるんで。
(今日の試合は)2人に任せる。斎藤もマー君(田中)もそう、野球人として何を見せてくれるか、本当にとても大事。斎藤はチームのためにじゃなく、また違った形で勝ってほしい。(斎藤は)開幕から形をつくってたし、チームのために、責任て言うのかな、勝っても負けても……まあ、勝つことが一番だけど、斎藤の生き様を見せてほしい。斎藤はこういう人間なんだってことを見せられることを祈ってます……いや、信じています。
(高校時代からやはり2人とも注目してましたよね?)高校時代の(甲子園決勝)再試合と千歳で(試合を)見てたんだけど、本当に選ばれた選手な気がする。改めて野球の原点を教えてくれた気がするね……(今日は)本当に最高の試合にしてほしいね。
(田中の調子をどう見ている?)開幕の時は背中に違和感があったのか調子が良くなかったよね。大きなけがはしてほしくなかったし……マー君が来るの嫌だな〜と思ったよ……今日は全力で戦ってがむしゃらにやっていきたい。そういう風にさせてくれる投手なんでがむしゃらにいかないと駄目だよね」
取材協力:野球専門誌 Baseball Times
[PR]
by pachifu | 2012-04-14 00:19