MS、テクノロジーセンターを品川本社に移転

日本マイクロソフトは2012年4月10日、「マイクロソフト テクノロジー センター」(MTC)をマイクロソフト大手町テクノロジーセンターから品川本社オフィスに移転統合、その際一部施設を追加、4月11日に新たに運営を開始する、と発表した。
MTC は、Microsoft 製品を基盤にした IT ソリューションのデモンストレーション、ソリューション体験、導入前システム検証などを行い、企業の IT 導入を支援するもの。MTC の品川移転後は、企業の意思決定者から IT プロ、開発者などの IT 関係者へ向けたブリーフィング、デモンストレーション、ハンズオン、実機検証などを提供する。
品川本社オフィス30階に、ハンズオン専用ルーム3つ、多目的使用のブリーフィングルーム2つ、ユーザー体験用インタラクティブ センターの、6つの専用ルームを新設する。エンビジョニングセンターも6月に開設予定。
また、品川本社オフィスツアーやマイクロソフト ハードウエア コーナー、デバイスコーナー、ライフスタイルエリアなどの既存施設とも連携、Microsoft の技術を包括的に紹介する。
さらに、IT 業界の主要企業 11社「MTC グローバル テクノロジー パートナー」を中心に、合計19社の IT 企業とパートナーシップを結び、サーバー、ストレージ、ネットワーク、ワークステーション、デバイスの最新機器を配置、最適な IT ソリューションを提供する。
MTC は、米国をはじめ世界27都市で展開され、年間6万人以上が利用しているが、日本では2009年10月6日にマイクロソフト大手町テクノロジーセンター内に開設された。
[PR]
by pachifu | 2012-04-11 02:41