ひかりTV、パ・リーグ4球団の主催試合でTwitter

 株式会社NTTぷららは9日、映像配信サービス「ひかりTV」の会員数が2012年3月末に200万人を突破したことを明らかにした。ひかりTVは、2008年3月に提供を開始。国内で初めて地上デジタル放送およびBSデジタル放送のIP配信を開始したほか、専門チャンネルのハイビジョン化を進めてきた。ビデオサービスでは約2万5000作品を提供している。
 NTTぷららではさらに、2011年8月にトライアルで提供していたTwitter連動機能について、ひかりTVで配信するパ・リーグ4球団(埼玉西武ライオンズ、オリックス・バファローズ、東北楽天イーグルス、千葉ロッテマリーンズ)主催の交流戦以降の全試合で提供する。テレビ画面上でツイートを楽しみながら番組を視聴できる。
 このほか、ひかりTVのビデオサービスで4月11日から、ユーザーのコメントや評価を閲覧できるレビュー機能とレーティング機能の提供を開始する。入力したコメントは、TwitterやFacebookと連動させて、友人とコメントや評価を共有できる。また、ユーザーが検索したビデオ作品に関連する作品を提案するレコメンド機能もあわせて提供する。
[PR]
by pachifu | 2012-04-09 22:42