Google ストビューでタイ/スイスを遊覧、Goog

米国 Google は2012年3月23日、「Google Map(マップ)」の「Street View(ストリートビュー)」にタイの名所を追加した。また、同28日にはスイスのレーティッシュ鉄道も追加した。これにより、現地の景観や眺望をパノラマで見られる。タイで追加されたのは、チェンマイ、プーケット、バンコクなどの観光名所。スイスではアルプスを走破するユネスコ世界遺産のレーティッシュ鉄道アルブラ線/ベルニナ線。
タイでは、バンコクやチェンマイ、プーケットといった地域が Google Map で公開された。タイ国内で最重要とされるバンコクのグランド・パレス、チェンマイの古寺ワット・チェン・マン、ドーイステープの修道院といった文化財やプーケットのプロムテーム岬、パン・ガー湾といった絶景を臨場感たっぷりで見られる。
タイでは77都県のうち、65県で洪水の影響を甚大に受けており、Google の撮影チームはスケジュール延期などで作業が難航した。チームはそういった地域を避け、被害の少ない地域での撮影を続けたが、そこでも好奇心の強い象に囲まれるなどの苦労があったという。
スイス東部を走るレーティッシュ鉄道は、主要路線が2008年7月にユネスコ世界遺産に登録された、スイス最大級の私鉄。日本人観光客も多数訪れる。今回、Street View に追加したのはレーティッシュ鉄道のアルブラ線、ベルニナ線のうち、全長122km の区間。両線では、ランドヴァッサー橋や長さ5866m のアルブラトンネルを通過したり、標高2253m から429m の高低差で見事な氷河が見られたりする。
撮影には「Street View Trike(ストリートビュートライク)」を使用したという。カメラを搭載した専用三輪車を列車の先頭の荷物車両に設置した。なお、このストリートビューは、通常のGoogle Map 経由以外にも、ストリートビューのギャラリーコーナー(スイス、タイ)からも閲覧できる。
[PR]
by pachifu | 2012-04-09 07:31