中国の少年、「腎臓」売ってスマホやアイパッド購入 5人逮捕

(CNN) 中国の新華社通信は7日までに、10代少年の腎臓を不法売買したとして南部の雲南省の外科医ら5人が逮捕、起訴されたと報じた。少年は約3500ドルの謝礼をもらい、一部を多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」やスマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」の購入に使っていた。
少年は安徽省に住む17歳の高校生で、昨年4月に腎臓を取り出す手術を受けていた。現在は腎臓の機能障害を患い、症状は悪化しているという。
高校生はアイパッドなどを買った金の出所を母親に問い詰められ、腎臓を提供したことを明かしていた。
5人は傷害の罪に問われている。新華社によると、容疑者の1人は賭博の借金に困り、不法な腎臓売買でもうけることを画策。インターネットのチャット欄などを通じて腎臓の提供者を探し、病院で手術を受けさせていた。
容疑者の1人は雲南省の病院に勤める外科医で、腎臓売買で約3万5000ドルを稼いでいたという。
中国の衛生省によると、臓器移植を必要としている国民は約150万人だが手術を受けているのは毎年1万人となっている。
[PR]
by pachifu | 2012-04-08 11:51