阪神・和田監督、巨人戦へ意気込み「少ないチャンスを生かす」

 阪神は6日、甲子園球場で巨人と対戦する。伝統の一戦を前に、和田豊新監督が意気込みを語った。
 以下は和田監督のコメント。
「(甲子園での初采配だが)勝ち負けは分からないけど、しっかりした野球をやりたい。お互いガンガン打てるピッチャーじゃないし(先発は能見篤史と澤村拓一)、守る方で隙を与えないように。
(巨人打線は本調子ではないが)きっかけをつかめば打つチーム。いずれ間違いなく打つけど、1試合でも遅く(させたい)。うちもまだ本調子じゃない。打線は似てる。中心以外で足をからめて。打てなくても何とか点を取っていかないと。打てば勝ち、打てなければ負けだと、調子次第になってしまう。
 甲子園ではなかなか空中戦になりにくいので、1点を大事に。ピッチャーは粘り強く、打線は少ないチャンスを生かす」
取材協力:野球専門誌 Baseball Times
[PR]
by pachifu | 2012-04-06 20:08