SCEJ

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は3日、携帯ゲーム機「PlayStation Vita(PS Vita)」向けに、「Facebook」「foursquare」の専用アプリケーションの配信を開始した。PlayStation Storeから無料でダウンロードできる。
 「Facebook」アプリでは、PS Vitaの通信機能を利用して、内蔵カメラを利用して撮影した写真、キャプチャーしたゲーム画面のスクリーンショットなどの投稿が可能。PS Vita独自の操作として、背面タッチパッドを使用した画面のスクロールが行える。
 「fousquare」アプリでは、PS Vitaの通信機能と位置情報機能を利用して、訪問した場所へのチェックインや、その場所に関するコメントを他のユーザーと共有することが可能。新しい場所にチェックインして「Badge」と呼ばれるアイテムを集めたり、ポイントを貯めて楽しむことができる。
 また、PS Vitaのシステムソフトウェアのアップデートとなる、バージョン1.65も公開。新着情報がある際にメッセージを表示して通知するかを設定できるようになったほか、省電力設定の自動スタンバイに「10分後」の選択肢を追加。ソフトウェアキーボードでシフトキーをダブルタップするとCaps Lockとなる機能も追加された。このほか、一部ゲームでの不具合を改善している。
[PR]
by pachifu | 2012-04-03 18:59