落雷から電子機器を守る新開発の技術を内蔵した安全な電源タップ

 サンワサプライは2日、落雷や高電圧からパソコンなどの機器を保護する、雷サージ吸収素子を内蔵した電源タップ「TAP-SP209」「TAP-SP208」の2製品の販売を開始した。価格は「TAP-SP209」が2,730円、「TAP-SP208」が2,415円。
 両製品は新開発の雷サージ吸収素子「X3(エックススリー)」を内蔵した電源タップ。雷サージを吸収し、高温になっても発熱や発煙を伴なう恐れがなく、安全に機器を保護することが可能としている。
 そのほかの特徴として、コンセントプラグはトラッキング現象(プラグ間の絶縁状態が悪くなり生じた抵抗で起こる発熱)による火災を防ぐ絶縁キャップ付きで、180度向きを変えられるスイングプラグを採用。また「TAP-SP209」のみの特徴として、使用中の電源をまとめてON/OFFできる一括集中スイッチを搭載する。
 共通の仕様として、差込口数は6個。電源ケーブル長は2m。本体サイズは幅205×高さ25×奥行き36mm、重さは約282g。カラーバリエーションはブラック/シルバー/ホワイトの全3色。
[PR]
by pachifu | 2012-04-02 17:52