グウィネス・パルトロー、ピカソの愛人ドラ・マール役へ 

 スペインの画家パブロ・ピカソが絵画「ゲルニカ」を描いた姿を映画化する新作、『33 ディアス(原題)/ 33 Dias』で、グウィネス・パルトローがピカソの愛人だった写真家ドラ・マール役を演じることになった。スペイン各紙が報じている。
 この作品は、映画『カルメン』や『フラメンコ』などで知られるスペインのカルロス・サウラ監督が手がけるもので、スペイン内戦時の1937年、激しい空爆を受けたスペイン北部バスク地方の町ゲルニカの惨状を伝えるため、当時パリに暮らしていたピカソが絵画「ゲルニカ」を描いた33日間を映しだすもの。ピカソ役には、ピカソと同じスペイン南部の町マラガで生まれたアントニオ・バンデラスが決まっている。
 映画では、当時ピカソの愛人だったフランス人写真家で画家のドラ・マールとの関係も描かれる予定だが、スペインの全国紙エル・ムンド紙などは、そのドラ役をグウィネスが演じることになったと報じている。グウィネスにはスペイン滞在歴がありスペイン語も話すほか、スペインの食文化紀行の番組に出演していたこともあり、スペインには馴染み深い。アメリカ生まれのグウィネスが生粋のスペイン人アントニオと映画のなかでどんな競演を見せてくれるのか楽しみだ。(竹内エミコ)
[PR]
by pachifu | 2012-03-31 07:08